つれづれなるままに

日々の思いついたことやエッセイを綴る

プロマジシャン「和田奈月さんについて」

2018年01月21日 | マジック
                和田奈月さん(中央・国立演芸場)

プロマジシャンの和田奈月さん(ナツ企画代表)とは、2013年に池袋で開催されたビジネスセミナーに参加されたことから交流が続いております。TAMCマジック大会では都築幹彦さんの演技作品に助演されたことがあります。今年のTAMCマジック大会でも共演が実現しそうです。楽しみにしております。

昨年5月の国立演芸場でのマジック大会では和妻「峰の桜」を披露してくれました。現在は日本の伝統芸である「水芸」に挑戦をして披露して頑張っております。マジックの不思議な世界にダンス、日舞、笑い、アートなどを取り入れ、そのひとときを柔らかい感性でプロデュースするマルチパフォーマーである和田奈月さん。特に華やかで幻想的な日本の奇術「和妻(わづま)」のレパートリーは、国内外で絶賛されています。

日本奇術協会に所属。世界のマジックコンベンション、海外遠征、ライブ活動等にも積極的に参加し、持ち前の明るいキャラクターは各地で人気を博しています。近年幼児教育の現場に関わり、子供の五感を刺激する様々なプログラム、子育て応援プログラムも考案。ショーを通して人と人とのコミュニケーションのあり方など各方面から研究、活動しています。

二ヶ月に一度開催されます日本奇術協会の定例公演「Magic of MAGIC」(南大塚ホールにて開催)では積極的に出演や運営に携わって尽力されております。これからの益々のご活躍を祈念しております。
※和田奈月さんの出演依頼は「ナツ企画」へ連絡ください。
 E-MAIL info@natsu-plan.com

(1月21日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鳥勝彦さんの思い出を語る

2018年01月20日 | 友人
                  TAMCの定例会にて発表

白鳥勝彦さんが亡くなってから初めてのTAMCの定例会で「白鳥勝彦さんの思い出」を語りました。

白鳥勝彦さんは昭和19年5月21日長野県で生まれました。そして今年の1月7日午前3時5分に肺炎のため天国へ旅立たれました。73歳、あまりにも早い逝去に誠に残念であります。
白鳥勝彦さんは、北区マジック友の会に所属していた時に坂本圭史さん(元TAMC会長)と出会い、勧められてTAMC(東京アマチュアマジシャンズクラブ)には2007年5月に入会されました。入会後まもなく新百合ヶ丘でのイリュージョンマジック出演をされたときに初めて観覧をしました。その時に受けた印象が演じる時のスケールの大きさと白鳥勝彦さんのポージングの美しさに感動をしたことでした。

その後、多湖輝先生の高層マンションのレストランで開催された「島田晴夫先生の来日歓迎会」に出席した時に白鳥勝彦さんとはマジックについて親しく懇談をさせてもらいました。また箕輪ヘラ絞り製作所の経営者である白鳥勝彦さんの会社の記念式典の時に記録するための写真撮影を依頼されてからは親しく交流することが多くなりました。川口市の白鳥勝彦さんの家のゲストルームで度々開催される「マジック懇談会」には、TAMCメンバーの三好勲さん、澤田孝之さん、佐々木洋之さん、佐治洋一さんらと楽しくマジック談義をしておりました。毎年12月30日には、白鳥勝彦さんの家で「餅つき会とマジック懇談会」を開催されることが恒例となっておりました。

昨年の餅つき会に持参して贈呈するためにブログ「つれづれなるままに」に掲載されている「白鳥勝彦さんの記録」を80頁にまとめておりました。今回奥様の智佐子さまへお渡ししたところ白鳥勝彦さんの通夜葬儀の会場で展示されておりました。

白鳥勝彦さんのマジックは話題性もあることでよくテレビ局の取材を受けて放映をされていました。日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」、テレビ朝日「加山雄三のゆうゆう散歩」、TBSテレビ「アサ秘ジャーナルクールジャパン」、テレビ東京「モヤモヤさま~ず」などでマジックが紹介されました。また本業であるヘラ絞りではNHKテレビの「凄ワザ!」にも出演をしておりました。

個人的には、白鳥勝彦さんご夫妻とドライブ旅行をして長野県の秋山郷や神奈川県の箱根や真鶴へ行ったことや最近では東京都庁の展望室や神田明神の甘酒の天野屋さんへ行ったことが楽しい思い出となっております。白鳥勝彦さんはTAMCには10年間の在籍でありましたが、マジック発表会でのイリュージョンマジックでは「夢の中から」のテーマで観客を魅了しており、多大な実績を残され大いに貢献をされた方でした。 ご冥福をお祈り申し上げます。 合掌!  

(1月20日記)                    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曽雌安雄さんと懇談

2018年01月19日 | 友人
                     曽雌安雄さん

友人の曽雌安雄さんから連絡があり、池袋で会って懇談のひとときを過ごしました。
ランチは南池袋の丸富食堂へ行き、5点盛り刺身定食を選びました。
お互いに近況情報を交換しながら美味しく食事をしました。

食事後はヤマダ電機へ行ってスマートフォンの充電器を曽雌さんに選んで頂き購入をしました。
大衆食堂「大戸屋」の1号店である池袋の発祥地を案内した後は、「歌広場」の個室に入り懇談のひとときを過ごしました。喫茶店と違って周りには他人がいないのでゆっくりと話ができます。曽雌安雄さんが担当しているビジネスの資料の説明を受けました。「売れる仕組み・集客の秘密」セミナーの案内がありました。マルチデバイス・ホームページの成功事例集の資料も頂きました。
興味のある方はご連絡ください。

(1月19日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック「MOM117回公演」観覧

2018年01月18日 | マジック
               出演者フィナーレ(南大塚ホール)

日本奇術協会(渚晴彦会長)の定例公演「MOM(Magic of MAGIC)117回」を観覧しました。
会場は南大塚ホールで2ヶ月に一度開催しており、今回で117回と実績を積み重ねています。
受付では和田奈月さんが担当をしており、来客者たちを上手に誘導しておりました。

今回の出演者は、幸条スガヤ「荒城の月」、DAIKI「イリュージョン」、葉月美香「連理」、からくりどーるとYukki、サオリ、藤山初美、千万鶴亀(ともやむくん)、TokyoTomo、ベリーダンスパシャのメンバーが素晴らしい演技を次々披露して見せてくれました。やはりプロのマジシャンたちは演技での見せ方がとても上手です。参考になることが多くありました。
今年開催されるTAMCのマジック大会で演ずる作品の出し物に対して所作など勉強になりました。

(1月18日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マジック発表会」案内

2018年01月17日 | マジック
                   マジック発表会

東京アマチュアマジシャンズクラブ(氣賀康夫会長)の今年の「マジック発表会」の日程が発表されました。昨年は会場(ニッショーホール)の都合でステージマジック発表会が開催されなくて多くのマジックファンの方々には残念な思いをさせてしまいました。

今年は2回「マジック発表会」が開催されます。
(1)クロースアップ発表会 5月27日(日)午後2時~4時
   (会場)アルカディア市ヶ谷(私学会館)
(2)ステージマジック発表会 10月7日(日)午後2時~5時
   (会場)日経ホール(大手町)

入場無料となっております。
観覧希望者はご連絡ください。
(連絡先)池内和彦へ ikeuchi@cap.ocn.ne.jp

(1月17日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友人「森田正文さん」

2018年01月16日 | 友人
                   森田正文さん

友人の森田正文さんが池袋の家に来宅されました。
森陽一郎先生の主宰する「不弁会」のメンバーである森田正文さんとは長い間親しく交流している良き仲間です。今後開設される「談話サロン」についていろいろと話し合いをしました。森陽一郎先生の夢の実現に協力していくことを確認して活動をしていくこととしました。

部屋に飾ってあった躰道についての写真や優勝カップメダルなどの質問を受けましたので詳しく資料等も見せて説明をしました。その後、蕎麦懐石のお店「ふくろう」へ行って鴨しゃぶしゃぶを食べながらビジネス情報などを意見交換して、今後も定期的に懇談の時間を持っていくこととなりました。

(1月16日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄大好き倶楽部

2018年01月15日 | 友人
                  沖縄大好き倶楽部

沖縄大好きな人が集まる「沖縄大好き倶楽部」(竹山嘉一さん主宰)に参加しました。
会場は朝霞市の沖縄料理店「島風」です。この店はネコハウスが併設されていてガラス越しに可愛い猫を見ながらゆっくりと飲食ができる話題のお店です。

参加者には野島哲郎さんがおり、久し振りにお会いしました。その後の情報をお聞きして益々元気に活動をしている様子が伺われました。佐久間明美さん優花さん母娘さんともお会いしました。以前両国で開かれたグルメ会で会った時に「女優の吉永小百合さんのことは知らない」と話していた女学生の優花さんはすっかりと社会人となっておりました。また新潟清酒金の達人にいがた観光特使である小林治さんも参加しておりました。

参加者の自己紹介の後は、恒例となっている沖縄グッズが当たる「沖縄クイズ大会」があり、紅型の風呂敷が当たりました。今回会費のうち100円は、沖縄のサンゴ再生プロジェクトへ寄付されることになりました。飲んで語り、本場沖縄料理を満喫し、ネコが大好きな方たちと楽しい時間を過ごしました。

(1月15日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東和町会新年会

2018年01月14日 | 日記
                    斎藤義雄さんの演奏

東池袋東和町会の新年会に参加しました。会場はホテルグランドシティです。
竹下友康東和町会会長、杉田博幸友和会会長、竹下ひろみ豊島区議会議員らからの挨拶があった後、祝宴が始まりました。大柴厚三さんによる司会で参加者が紹介されました。

地元の旧豊島区役所跡地の再開発の建設に関わっている企業の人たちや地域の馴染みの人たち、それから友和会の関係者も多く参加していました。
アトラクションでは、斎藤義雄さんによる演奏会が披露されました。得意とするベンチャーズメドレー(ウオークドントラン、パフィディア、木の葉の子守歌)から始めり、お馴染みの二人の銀座、君といつまでも、悲しき街角、アパッチ、パイプラインなど12曲の素晴らしい演奏を聴かせてくれました。斎藤義雄さんは定期的に銀座や蒲田のライブハウスで演奏会を開いている方です。
今年も祭礼の神輿担当である川口さんの掛け声による3本締めで新年会はお開きとなりました。

(1月14日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック「アトリエクラブ」(1月)

2018年01月13日 | マジック
               アトリエクラブのマジック教室

アトリエクラブの「マジック教室」に行きました。
TAMCの新年会の時に手に入れました「TAMC半纏」を着用しました。
トランプマジックの「エースとキングが大集合!」を披露してから詳しく解説をしました。
引き続き「完全消失トランプ」の説明をしました。6枚のトランプを見せて1枚だけ記憶してもらいカードを裏返しにすると5枚のトランプカードがあり、「この中にあなたが記憶したトランプはありますか?」と問うとそのトランプカードは消えてなくなっている内容。
そして最後には、トランプカードを組み立てた「トランプタワー」を披露しました。

佐々木洋之さんは3色のロープをそれぞれ両端を結んで輪を作り、3本のロープが繋がったり離れたりする作品を三浦折にした解説書を添えて解説をしておりました。
参加されたクラブのメンバーの方は「マジックは面白い!」を興味深く習得をしておりました。

(1月13日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鳥勝彦さんの精神を繋ぐ

2018年01月12日 | 友人
                    白鳥勝彦さんの遺影

白鳥勝彦さんの葬儀告別式の後、戸田斎場まで行き収骨に参加してきました。
この日は親戚の葬儀が午前中に戸田斎場であり、その後川口の白鳥勝彦さんの告別式に参列していたので一日に2回戸田斎場へ来ることとなりました。

白鳥勝彦さんは身体が頑丈であったためか、お骨もしっかりとあり最も大きい骨壺に収められました。精進落としの席では、生前の白鳥勝彦さんのエピソードなどが語られておりました。皆さんから親しまれていた白鳥勝彦さんの様子がよく理解できます。

マジックを愛していたこともあり、お孫さん達もマジックには興味を示しておりました。白鳥勝彦さんの肉体は亡くなりましたが、白鳥勝彦さんについて思い出やエピソードが語り繋がれていければ、その精神はいつまでも生き続けていけます。ご家族の方やマジック仲間たちと「白鳥勝彦さんの精神」を活かし続けたいと思います。

(1月12日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鳥勝彦さんの通夜

2018年01月11日 | 友人
               白鳥勝彦さんの遺影

白鳥勝彦さんの通夜は、さがみ典礼川口駅前葬斎センターで開催されておりました。有限会社箕輪ヘラ絞り製作所と白鳥家の合同葬として執り行われました。
仕事の業界関係者の他に、趣味として活動していたマジック関係者も多く参列しておりました。TAMC(東京アマチュアマジシャンズクラブ)のメンバーやプロマジシャンも多数おり白鳥勝彦さんとの別れを惜しんでおりました。

12月30日に開催される「白鳥さん家の餅つき会」の時に渡すためにブログ「つれづれなるままに」のなかから白鳥勝彦さんについての記録集をまとめた資料を午前中に奥様の智佐子さんへお渡ししたところ、通夜式場のなかに展示されており参列者はしみじみと閲覧しておりました。白鳥勝彦さんが東京アマチュアマジシャンズクラブに入会していた10年間の記録をまとめていたものでした。

参列者は白鳥勝彦さんの温かい人情味のある人柄を評価しており、突然の死にビックリしておりました。まるで寝ているような穏やかな顔をしておりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

(1月11日記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

演芸「正月初席」を観覧

2018年01月10日 | 演芸
                  池袋演芸場

東京の演芸の寄席定席の正月初席は顔見世興業です。
多くの演芸人たちが各定席を駆け回って出演する大忙しです。
正月初席には浅草東洋館と池袋演芸場へ行って観覧してきました。

通常は15分から20分の持ち時間も正月初席の場合はほとんどの芸人たちは5分から10分の持ち時間で顔見世をしておりました。
浅草では同じビルの1階の演芸ホールと4階の東洋館を掛け持つ芸人が多くおりました。
池袋では新宿末廣亭との掛け持ちもあるようです。

東京の寄席定席はどこも観客が満員で正月から大忙しです。

(1月10日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鳥勝彦さんの訃報

2018年01月09日 | 友人
               白鳥勝彦さん

白鳥勝彦さんが亡くなったとの連絡がありました。73歳でした。
TAMC(東京アマチュアマジシャンズクラブ)のメンバーとして長い間親しく交流していた人ですので誠に残念です。

白鳥勝彦さんとはマジック出演でよく一緒に訪問した場所も多く、思い出もたくさん残っておりました。豊島区役所センタースクエア、東長崎アトリエクラブボランティアの集い、千葉県佐倉市の染井野フェスタなどでイリュージョンを披露して観客に感動をあたえてくれました。

白鳥勝彦さんのテレビ出演が多くなったのは、自分のブログ「つれづれなるままに」の白鳥勝彦さんに関する記事がメディアの関係者の目に留まったことが大きな要因であるといつも話しておりました。そして在京の全てのテレビ局には話題性があることで出演をしました。ブログ「つれづれなるままに」の中に白鳥勝彦さんに関する記事を取り出してみたら80頁にもなるファイルが作成できました。

マジック以外にも秋山郷、箱根、真鶴などへドライブ旅行を楽しみました。毎年年末の恒例行事である白鳥家の「餅つき会」や「マジック懇談会」も良き思い出となっております。
白鳥勝彦さんのご冥福をお祈り申し上げます。合掌!

(1月9日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状「林家正楽師匠」

2018年01月08日 | 演芸
               林家正楽師匠からの年賀状

紙切り芸の林家正楽師匠からの年賀状には平成29年度の御注文数のランキングがいつものように記述されていました。

1.稀勢の里 71
2.パンダ  60
3.藤 娘  52
4.土俵入り 41
5.宝 船  39
6.トランプ 36
7.正楽師匠 35
8.竜    32 
9.にわとり 26
10.ひな祭り 24

下には「犬の切り絵」が貼り付けられておりました。

12月25日に池袋演芸場の「林家正楽のラストクリスマス18」を観覧したお礼の言葉と今年の池袋演芸場での「林家正楽のラストクリスマス19」は12月26日(水曜日)に開催しますとの案内が記されておりました。

(1月8日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TAMC新年会

2018年01月07日 | マジック
        TAMC(東京アマチュアマジシャンズクラブ)新年会

「不思議さ」「楽しさ」「感じのよさ」がマジックを演じる時には必要であるとの氣賀康夫会長の年頭挨拶から始まった東京アマチュアマジシャンズクラブの新年会は、アルカディア市ヶ谷(私学会館)で開催されました。さらに「今年の例会は参加しないと損をする」とコメントがありました。

2017年出席優秀者表彰の例会皆勤賞では「トランプカード2組セット」を頂きました。恒例のオークションは山崎孝一さんと土屋理義さんの進行で行われ、会員提供のマジック用品が次々に競りにかけられて売上もかなり上昇していました。また小物用品は入札が行われ一番高い価格を投票した人が手に入れていました。升田晋造さんが提供されたトランプタワーなどをゲットすることが出来ました。

今年の新年会では、92歳の川崎利秋さんの出席もあり、また89歳の都築幹彦さんが今年もマジック大会に出演をすると発表するなど高齢者の方の元気な姿が見られました。山本玄一前会長の中締め挨拶後に、参加者全員で記念写真を撮影して今年の新年会はお開きとなりました。

(1月7日記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加