つれづれなるままに

日々の思いついたことやエッセイを綴る

霞会埼玉県支部の「忘年会」

2016年12月10日 | 日記
              田口敬一さんと金子弘一さん夫妻

東京国際大学霞会埼玉県支部(熊谷健一支部長)の忘年会に参加しました。
1期生同期の田口敬一さんとは久し振りに会いました。同期生の少なかった仲間が70歳を過ぎても元気に会えることに喜びを感じております。また銀座ですし割烹「こびき」を経営している2期生の金子弘一さんご夫妻とも久しぶりの再会です。同窓会事務局長時代はよくお店に行っておりましたが退職後はほとんど顔を出していませんでした。

熊谷健一支部長は東京国際大学女子ソフトボール部の試合に応援に行き物心両面の支援を続けてきました。
今回の忘年会には女子ソフトボールの三科真澄監督(北京オリンピック金メダリスト)はじめ、城戸絵理沙コーチ、小谷野眞紀コーチ、4年生現役部員5名が招待されていました。部員たちのコメントは積極的に交流していく気持ちと指導者たちの教えを素直に受け止めていることがよく表現されており、とても頼もしく感じました。

また、東京首都圏支部の平井久雄支部長も参加しており、支部間の交流を深めておりました。

(12月10日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック「豊島区高齢者クラブ忘年会」

2016年12月09日 | マジック
                「高齢者クラブ忘年会」でマジックを披露

豊島区高齢者クラブ第三ブロックの忘年会に参加しました。
第三ブロックには11団体が所属しており各クラブから3名づつが参加していました。
会場は池袋第一インです。

第三ブロックの割田俊一会長から今年の活動について報告がありました。
豊島区高齢者クラブの新年会は1月23日にホテルメトロポリタンで開催されることも告知されました。
食事のメニューも高齢者向きに良質なものが用意されていました。

アトラクションでは、フラダンスの披露の後は、自分がマジック演技をしました。
トランプマジック、リングとロープ、頭の体操数字のクイズ、そして3枚トランプカードは参加者にプレゼントして演じ方を指導しました。最後は3色のシルクを使用して神田祭の演技をしました。

カラオケタイムになると、自慢の歌声を披露する人が次々にステージに出場して唄っておりました。
皆さんとても上手にカラオケを楽しんでおりました。
お土産はお菓子セットを参加者は受け取りお開きとなりました。

(12月9日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友和会の「忘(望)年会」

2016年12月08日 | 日記
             友和会忘(望)年会で「池袋の想い出」を話す杉田博幸氏

友和会(杉田博幸会長)では、恒例の「忘(望)年会」が開催されました。
会場は蕎麦料理店「ふくろう」です。

杉田博幸会長から活動報告があった後、恒例の講話でも杉田博幸氏が「池袋の想い出」を語ってくれました。
地元で誕生し、池袋で子どもの時から育った人の話は参加者にも共感を得るようです。
こんなことも、あんなこともあったと共通して思い出される内容も沢山ありました。

参加者からは各自の「今年の想い出と来年の抱負について」のスピーチがありました。
その後はアトラクションとして、マジックを披露することと覚えてもらうための教室を開きました。
米国の新大統領にちなみ、トランプマジックで楽しんでもらいました。

ビンゴゲームやじゃんけんゲームでは、たくさんの景品が参加者にプレゼントされました。
友和会の懇親会は開催するたびに女性の参加者が増えてきております。
今後のスケジュールは、新年会(1月6日)、誕生日会(1月28日)、七福神めぐり散策会(3月25日)などが予定されています。

(12月8日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「2枚目の名刺」講座に参加

2016年12月07日 | 日記
               フミコム講座「2枚目の名刺」

平石進さん(文京区社会福祉協議会)からの案内で、フミコム主催による「2枚目の名刺」講座に参加しました。

講演の内容は、多くの会社人が「2枚目の名刺」を持って、会社という枠を一歩踏み出し始めています。実際に「2枚目の名刺」を持って、自身のスキルやノウハウを活かしたり、関心がある社会課題に取り組むにはどうしたらいいのかの説明が、講師の廣優樹さんと安東直美さんからありました。

その後、5人ずつが一グループになってやりたい企画を出し合い、活動の内容を決めてまとめ、それぞれが発表をしていく形式をとりました。どのグループもとても楽しい企画が出来上がりました。

2枚目の名刺を持つという新しいスタイルを広げて活動をしていくという発見をしました。

(12月7日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多田そうべいさんの「ライブ」

2016年12月06日 | 芸能
             多田そうべいさんの「2020ライブスターズ」

友人の多田そうべいさん(元殿さまキングス・演歌ボーカルグループメンバー)からの案内でハワイアンライブに行きました。
殿さまキングスの「なみだの操」は350万枚のレコード売り上げのあったヒット曲です。

多田そうべいさんは私の主宰していた研修会で講師を担当してくれたことがあります。
「大人の寺子屋」のテーマで講演活動も全国的にされています。

今はハワイアンバンド「2020ライブスターズ」を組織していて、毎月第三日曜日に高田馬場の「Lone Star☆Cafe」でライブ演奏を披露しています。
ハワイアンバンド演奏、フラダンスなどたっぷりと聴けて魅了されるのがいいところです。

今後のスケジュールは、2017年1月15日(日)、2月19日(日)、3月19日(日)となっています。いずれも午後1時から開演です。

老舗ライブハウス「Lone Star☆Cafe」(高田馬場駅から徒歩5分)
新宿区高田馬場1-30-5 千寿ビルB1 TEL03-3207-5361
チケット代 3,500円(フリードリンクあり 食べ物 持ち込み自由)

(12月6日記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林家正楽師匠の紙切り芸

2016年12月05日 | 芸能
                     紙切り芸の林家正楽師匠

演芸で紙切りを披露している林家正楽師匠の技を観たことがありますか?
毎年12月25日は「林家正楽のラストクリスマス」でたっぷりと紙切り芸を披露してくれます。
会場は、池袋演芸場(豊島区西池袋1-23-1)池袋西口より徒歩2分
午後6時開場、6時30分開演 8時30分終演。
ゲスト 鏡味仙三郎社中(太神楽) 江戸家子猫(動物ものまね)
チケット 前売り 2,500円 当日 2,800円

毎年人気の興行です。今回は17回目となります。 
観覧者を募っております。
12月10日(土曜日)まで池内和彦が申込を受付けます。
林家正楽師匠の紙切り芸を堪能したい方ご連絡ください。

(12月5日記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック「アトリエクラブ(12月)」

2016年12月04日 | マジック
                    アトリエクラブ「マジック教室」

アトリエクラブの「マジック教室」が今年最後の授業を開催しました。
佐々木洋之さんは、中国故事に基づいた「蘇武牧羊」のマジックを丁寧に資料に基づいて解説しておりました。続いて、オオカミとウサギと牧場主をストーリーとともにマジックを演じておりました。

自分はトランプマジックで数字の3をすべて出す方法について解説をしました。よく理解できていないところは次回も復習して実施することとしました。
トランプのウソの切り方についてリクエストもありました。
それからマジック大会でお土産マジックとして使用した「ひも・ぬけーる」についての解説もしました。

月一回のマジック教室ですが参加する皆さんはとても熱心に習得しております。
自分の好きなマジックを5作品を選んで学んで身に付けると人前でも演技を披露できるようになることを伝えました。

(12月4日記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック「小野坂東さんの講演」

2016年12月03日 | マジック
                「日本の奇術の歴史と現況」について話す小野坂東さん

TAMC(東京アマチュアマジシャンズクラブ)の例会は毎月第一、第三木曜日に開催されています。
12月の例会では、特別ゲストとして小野坂東さんをお招きして「日本の奇術の歴史と現況について」の講演を聴きました。
小野坂東さんは、世界及び日本の奇術界について精通しており、詳細なエピソードなどを披露してくれてとても参考になりました。

会員発表では、内田春樹さんと川崎利秋さんが担当をしてオリジナル作品を披露してくれました。
内田春樹さんの作品発表では、指名されてお客対応をしました。
二つのさいころを振って出た目を観客に披露すると今度は内田春樹さんがさいころを振ると同じ目が出るという不思議なマジックでありました。

大正生まれの91歳の最高齢会員の川崎利秋さんは、客が引いたトランプカードを見事に当てるマジックを3例披露してくれました。
川崎利秋さんは高齢になっても、歩くこと、趣味を持つこと、人とコミュニケーションを持つことが健康の秘訣である話しておりました。
お二人ともとても尊敬をしている素晴らしい人格者です。

(12月3日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うなぎの「伊豆榮本店」

2016年12月02日 | 日記
                   伊豆榮上野本店

上野不忍池端にある伊豆榮本店は老舗のうなぎ料理店です。
江戸時代中期に開店した上野池の端本店は昭和59年にビル建物として改築して面目一新しています。
うなぎ料理については鰻そのもの。そしてタレ、ごはんのよしあしも大事です。
また、「裂き」「串」「焼き」が重大三要素といえ、その三要素の中でもとくに決定的なのが「焼き」です。
俗に「裂き三年、串八年、焼き一生」ということばがあるほどで、微妙な味の差が「焼き」一つで出てくるといってもいいほど難しいとされています。

伊豆榮の「焼き」の技術は、二百数十年の伝統をふまえた上に、代々、名人芸ともいえる腕をもった職人に恵まれ、今日まで“のれん”に輝きを付加しています。
炭の具合と、火の通し方の間(マ)と、それに、煙のまわし方と、そうした秘伝的技法をカン一つで見事にこなし、あのふっくらと香ばしい蒲焼ができ上がるという。

最近うなぎ屋には外国人旅行者が多く見受けます。
寿司、天ぷらと並び称される日本料理に代表されるうなぎ料理です。

(12月2日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埼玉県志木市「躰道練習」

2016年12月01日 | 躰道
               志木市の躰道練習に参加した会員たち

埼玉県志木市躰道協会(山田重幸理事長)は毎週日曜日の午前中と水曜日の夜に練習日を設定しております。
定期的に練習見学会を開催して興味のある親子が集まり、その後入会をする人も多くおります。

少年少女会員も多くなり団体チームで法形競技や展開競技の練習もしています。
最近は全国少年少女躰道優勝大会の出場や各地区で開催される躰道大会にも積極的に参加して入賞メダルを獲得している会員も多くおります。

12月25日(日曜日)は志木市躰道優勝大会が開催されます。
会場は、埼玉県志木市民体育会館武道場で午前9時から開始されます。
東武東上線の柳瀬川駅から徒歩8分。

会員たちは今年収めの志木市躰道大会に出場するために熱心に練習をしていました。

(12月1日記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚青木商店の店頭販売会

2016年11月30日 | 日記
                株式会社大塚青木商店の店頭販売会

知久晴美さんからの案内があり、第31回味噌専門商社の店頭販売会に行ってきました。
大塚青木商店は味噌の卸専門問屋であり通常は小売りをしておりませんが、月に一回地域の人たちにサービスディーを設けて店頭販売会をしております。

酒井雅敏社長は「今年最後の店頭販売会です。あれもこれもお買い得品ばかりです」とコメントしておりました。
味噌料亭の味24色、日本蕎麦、お餅、蕎麦かりんとう、塩えんどう豆、ドレッシング等を購入しても2千円からお釣りがきました。

来年は1月の下旬に店頭販売会を開催されるとのこと。

●お問合せ先
 東京都豊島区南大塚3-25-3 TEL03-3971-6175 株式会社大塚青木商店

(11月30日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニッポン全国物産展

2016年11月29日 | 日記
                   ニッポン全国物産展

池袋のサンシャインシティ文化会館で「ニッポン全国物産展」が開催されていました。
毎年恒例の「ニッポン全国物産展」のイベントは文化会館で開催される展示会では一番多くの人が来場することで人気があります。
お菓子ランキング投票も人気のコーナーです。

都道府県の全国から地域の物産を展示販売をしています。
その中でも食料品は8割ほど占めております。メニューによりその場で食べられるコーナーもあります。
ブースとブースの間の通路もなかなか前に進めないほど混んでおりました。

よく百貨店などで県の物産展を開催していることがあります。
この全国物産展は日本各地から一堂に集結しているので壮観であります。
来場の皆さんは楽しみながら各ブースを見て回り、気に入ったものを購入して紙袋がいっぱいになっている人たちが多くおりました。

(11月29日記)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック撮影「囲碁サロン渋谷」

2016年11月28日 | マジック
               白鳥勝彦さん一座の人体浮遊イリュージョン

囲碁サロン渋谷(牛山オーナー)では毎月マジック鑑賞の日を設けています。
11月はTAMCメンバーの高橋忠利さんと白鳥勝彦さん一座が担当をしました。

10月にニッショーホールで開催されたマジック大会に牛山さんが観覧に来場されていましたので、御礼の挨拶と写真撮影のために囲碁サロンへ行きました。

高橋忠利さんはロープやトランプ、そして碁石を使用したマジックを披露しておりました。
白鳥勝彦さん一座は、リングマジックの他に人体浮遊イリュージョンの実技でした。
観客の皆さんは、目の前で演じられるマジックにビックリしており、拍手が鳴り止まなかったです。

(11月28日記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神宮外苑いちょう並木の人気度

2016年11月27日 | 日記
                     神宮外苑銀杏並木

青山通りから神宮外苑までの約300m続くいちょう並木が有名な明治神宮外苑は、都内を代表する黄葉スポットで、通りの両側に146本ものイチョウが立ち並ぶ様はまさに黄金ロードと呼ぶにふさわしい。
青山通り口から樹高の高い順に植えられたイチョウは遠近感が強調され、奥に立つ聖徳記念絵画館との景観美が実に見事だ。
青山通りから眺めると、まるで絵画のような美しい風景が眼前に広がる。

ここのいちょう並木はよく映画やテレビドラマの撮影に利用されます。
黄金色に輝くいちょう並木を撮影する人、鑑賞する人たちが多くおりました。
この期間、車道は通行止めとなっており、歩行者が車道に出て撮影をしておりました。
いちょう並木のそばのカフェレストランはオープンテラスとなっていて黄色のいちょうを鑑賞した人たちが休息をしておりました。

いちょう並木が黄葉する時期の人気度は東京一、日本一にランキングされています。

(11月27日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界文化遺産登録の「国立西洋美術館」

2016年11月26日 | 芸術
                  クラーナハ展

世界文化遺産登録をされた上野の国立西洋美術館に行きました。
国立西洋美術館の前庭にはロダンの「考える人」「地獄門」「カレーの市民」などの銅像が展示されています。

開催中の「クラーナハ展」を鑑賞しました。
ルカス・クラーナハ(1472-1553年)は、ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せたドイツ・ルネサンスを代表する芸術家です。
大型の工房を運営して絵画の大量生産を行うなど、先駆的なビジネス感覚を備えていたクラーナハは、一方でマルティン・ルターにはじまる宗教改革にも、きわめて深く関与しました。
この画家の名を何よりも忘れがたいものにしているのは、ユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアといった物語上のヒロインたちを、エロティシズムで描きだしたイメージの数々です。
艶っぽくも醒めた、蠱惑的でありながら軽妙なそれらの女性像は、当時の鑑賞者だけでなく、遠く後世の人々をも強く魅了してきました。副題として「500年後の誘惑」と付けられています。

国立西洋美術館は建物も素晴らしいですし、内部の展示スペースもとても観覧者に優しい雰囲気を醸し出しております。来館者の8割は女性の方でした。

(11月26日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加