つれづれなるままに

日々の思いついたことやエッセイを綴る

多湖輝先生の墓参

2016年09月29日 | 日記
                      多湖輝先生の遺影

東京アマチュアマジシャンズクラブのメンバーである多湖輝先生は今年3月6日にお亡くなりになりました。
素晴らしい人格者であり、いろいろとお世話になりました。享年90歳。
三田の龍生院に墓参に行きました。

多湖輝先生との思い出はたくさんありました。
呉越華さんのリサイタル開催時に多くの観客動員に支援をしてくれたこと。
マジックについていろいろと指導して頂いたこと。
「頭の体操」のタイトルのエピソードを聴かせてくれたこと。等々。

(多湖輝先生の略歴)
東京未来大学名誉学長。千葉大学名誉教授。
多湖輝研究所所長、東京都・「心の東京革命」推進協議会会長、特定非営利活動法人「0歳からの教育」推進協議会理事長、東京アマチュアマジシャンズクラブ会長などを務めた。
1966年に発表した思考パズル本「頭の体操」シリーズはベストセラーとなり、以来約40年間に23巻までの続編が出版されている。
また「頭の体操」という言葉そのものも、思考パズルやクイズの代名詞として日本では広く定着している。

ご冥福をお祈り申し上げます。

(9月29日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック「豊島区身障者福祉協会ふれあい文化祭」

2016年09月28日 | マジック
            白鳥勝彦さん一座によるイリュージョンマジック 

豊島区身体障害者福祉協会(京谷宣明会長)による「ふれあい文化祭」でマジック出演をしました。
会場は豊島区役所のセンタースクエアです。
観客は80名ほどで熱心に観覧しておりました。

出演は白鳥勝彦さん一座と共演をしました。
前半は、一般的な神田祭、リングとロープ、トランプマジックなどを演じました。
後半は、白鳥勝彦さんお得意のイリュージョンマジックで観客を盛り上げておりました。

白鳥勝彦さんは、個人で演ずるマジック演技と大型器物を使用したイリュージョンのプログラムをうまく構成をして組んでおりましたので、音響効果もあり観客も真剣に魅入っておりました。
すぐ目の前でイリュージョンマジックを見る人が多く、演技が終わると感嘆の歓声と大きな拍手が送られておりました。

京谷会長からも心温まる感謝とお礼の言葉を頂きました。

(9月28日記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック「羽田書店カフェ」

2016年09月27日 | マジック
            高橋忠利さんによるマジック教室(羽田書店カフェ)

京急空港線の穴守稲荷駅前の羽田書店カフェ(安武祥吾社長)のマジック会に出演しました。
飲食店コンサルタントの高岡茂夫さんの紹介で実現したものです。

TAMCのメンバーである高橋忠利さんと一緒にマジックを披露しました。
高橋忠利さんは昭和天皇の前でもマジックを演じた経験のあるベテラン者です。
観客には子供さんもいたので面白く楽しく進行していきました。

一時間のマジック演技の後には、マジック教室を行い、観客の皆さんにお札の演技とトランプマジックを指導しました。マジックを教えてもらうと観客はとても親しみを増し盛り上がっていきます。

マジック演技を終わると美味しいパスタなどの食事を頂きました。
羽田書店カフェではスウィーツの「はねだプリン」も人気があるメニューで販売をしております。
とても楽しい雰囲気でマジックの出演ができました。

(9月27日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろ祭り「国際交流神輿の会」に参加

2016年09月26日 | 日記
                   国際交流神輿の会の参加者

岸本正寿さんからのご案内で昨年に引き続きふくろ祭りの「国際交流神輿の会」に参加しました。
会場は池袋駅西口駅前広場に十三基の神輿が集まり渡御しました。

「国際交流神輿の会」は日本の祭礼の神輿を担ぐことの機会がない外国人に本物の神輿を担いでもらおうとのイベントです。今年で23回目のふくろ祭りの参加となります。
今年はアメリカ、イギリス、ブラジル、中国、ベトナム、マレーシア、コスタリカなど18ヵ国から100名の外国人が集まり総勢200名のメンバーが集まりました。

事前に神輿の担ぎ方、声の掛け方などのレクチャーを受けてから池袋西口の会場まで行き、他の町会などの神輿と合流して駅前広場を合同渡御をしました。メイン会場には高野之夫豊島区長などが神輿の渡御を見守っておりました。駅前なのでギャラリーも多く写真を撮る人が多くおりました。

(9月26日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座共同溝

2016年09月25日 | 日記
                           銀座共同溝

銀座松屋の地下一階入り口脇に「銀座共同溝」が見物できる場所があります。
道路下に埋設されている電線やガス管などがガラス越しに見えます。

共同溝は道路の地下に、電気、ガス、上下水道などのライフラインをまとめて収容しています。
路上工事をなくすことが主な目的であります。
電線共同溝は電気や電話の線を主に歩道の地下にまとめて収容することによって、無電柱化することが主な目的です。日本では無電柱化はまだまだ進んでいません。
また、共同溝はライフラインの中でも大容量のものを収容するものです。

銀座に行ったら覗いてみたら如何でしょうか。

(9月27日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚生労働省の仲間たち

2016年09月24日 | 日記
                   厚生労働省の仲間たち

厚生労働省に勤務している3人の仲間たちと懇親のひとときを過ごしました。
いつもは日比谷公園で開催されているアサヒビールオクトーバフェスタで杯を掲げるのですが、今年はこの時期にイベント開催がないために、飯野ビルの地下の飲食街に行きました。

下瀬さん、増田さん、渡辺さんの三人と焼き鳥の八珍へ入ります。
労働関係の賃金統計調査の仕事内容について情報交換をしました。

毎年、TAMC(東京アマチュアマジシャンズクラブ)の「マジック大会」に来場してくれますので入場券をプレゼントしました。
「マジック大会」は10月30日(日)午後2時~5時 虎ノ門のニッショーホールです。

(9月24日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

氷川神社「祭礼」

2016年09月23日 | 日記
                      東和町会の神輿渡御

氷川神社の秋の祭礼があり、地元東池袋東和町会の神輿渡御に参加しました。
今にも雨が降るような曇天のなか、東池袋の四町会の神輿が中池袋公園に集合。
東池袋のメイン通りであるサンシャイン60階通りは多くの人出でいっぱいでした。
入り口のロッテリアから東急ハンズまでの間を4基の神輿の合同渡御が一時間に亘り実施されました。

サンシャイン60へ行く人たちで多くの人出があるこの通りは、神輿が通過すると道の両側には多くのギャラリーが集まり、写真を撮影をしていました。
外国人たちは日本の祭りを珍しそうに眺めていました。
東急ハンズの前では、多くの観客に囲まれて盛り上がっておりました。

9月25日は池袋西口の「ふくろ祭り」に参加します。

(9月23日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩橋崇至写真展「山々の四季」

2016年09月22日 | 芸術
                岩橋崇至さん(ギャラリー・アートグラフ)

山岳写真家の岩橋崇至さんの写真展「山々の四季」を鑑賞しました。
会場は銀座2丁目のギャラリー・アートグラフ」です。

岩橋崇至さんの写真展は先日新宿の健康プラザで開催されていました。
山岳写真の素晴らしい作品がたくさん展示されていました。
作品についての解説と、来年には安曇野で大きな写真展を開催する情報を聴きました。

岩橋奈那夫人もギャラリーにおり、来客対応をしておりました。
米国アトランタでロッキー山の写真展を支援してくれた内田光信氏のことや大学の同期生である勝木弘幸氏、三宅ヨシロウ氏についての話題が話されました。

ご案内 岩橋崇至作品展「北アルプス」
9月27日(火)~10月30日(日)10:00am~5:00pm
会場 千代田区一番町 JCIIフォトサロン
岩橋崇至講演会「北アルプスを語る」10月8日(土)13:00~15:00

(9月22日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とんかつ伊勢「人形町甘酒横丁店5周年記念」

2016年09月21日 | 日記
                  とんかつ伊勢の「ロースかつ定食」

岡浩之さんからの案内があり、とんかつ伊勢人形町甘酒横丁店の開店5周年記念セールに行きました。
その日は、ロースかつ定食がワンコインの500円での提供でありました。
とんかつも美味しくキャベツも山盛り、ご飯と蜆の味噌汁がついております。

ランチ時にはたくさんの会社員や女性グループの人たちで2階席と3階席は満員の状況が続いておりました。
美味しいロースかつ定食は店員スタッフの温かい気持ちも盛り込まれているようでした。
帰るときにとんかつ伊勢社長の岡浩之さんと会いました。

(9月21日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元目黒競馬場跡地

2016年09月17日 | 日記
                  元目黒競馬場記念碑(トウルヌソル号の銅像)

目黒区下目黒4丁目5丁目の住宅地の一部道路はカーブしています。
元目黒競馬場のあったところで、カーブしている道は第一コーナーから第二コーナーの部分。
道を歩いてみるとカーブしているので先が見えない。
今は住宅が密集しているが、競馬場のコース跡が道路として残っているのはとても珍しい場所です。

目黒競馬場は1907年(明治40年)から1933年(昭和8年)まで東京の目黒に存在した1周1600mの競馬場。第一回日本ダービーは目黒競馬場で開催されました。現在の府中の東京競馬場は目黒競馬場が移転したものであります。

目黒通りにはトウルヌソル号の銅像記念碑があり、元競馬場と名前の付いた交差点やバスの停留場もあります。交差点から入った住宅街の通りは、元競馬場通りとなっております。

(9月17日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目黒不動尊

2016年09月15日 | 名所
                      目黒不動尊本堂

目黒区下目黒3丁目に目黒不動尊があります。天台宗の寺院で瀧泉寺。山号は泰叡山(たいえいざん)。
不動明王を本尊とし、一般には目黒不動尊の通称で呼ばれています。
江戸三大不動・江戸五色不動の一つ。
江戸三十三箇所第33番札所。関東三十六不動第18番。

大きく成長した樹木に囲まれて荘厳な雰囲気があります。
本堂へ登る男坂の脇には、「独鈷(どっこ)の滝」という小さな滝が落ちており、その滝の下が池になっています。今から1200年前、伝教大師最澄の弟子慈覚大師がこの瀧泉寺を開いたとき、大師が持っていた独鈷(どっこ)を投げたところその場所から滝泉が湧き出したとされます。
この滝はそれ以後一度も涸れたことがないとのことで、池の中に「水掛け不動明王」という不動像が奉られています。不動像の近くに置いてあるひしゃくで不動像に水をかけるとさまざまなご利益があるとされています。大阪難波の水掛け不動は苔に覆われていますがここの水掛け不動に苔はありません。

本堂の横にある「愛染明王」は縁結びの仏として若い女性から人気があるようです。
「目黒」の地名はこの目黒不動に由来するとする説もある。

(9月15日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日府展「96歳の羽田壽恵子さん」

2016年09月14日 | 芸術
                 羽田壽恵子さんの「朝陽の岳」

羽田壽恵子さんからの案内で日府展日本画部展を鑑賞しました。
会場は銀座6丁目のSalon de Gです。9月17日(土)まで開催しています。

羽田壽恵子さんは現在96歳。毎回新作を製作しております。
今回「朝陽の岳」を出展しておりました。那須連山の一部である。
羽田壽恵子さんは若いころから山登りが趣味で多く出かけたようです。
日府展の会員となり山岳関連の作品を出展しております。
毎年5月にも東京都美術館で開催される日府展にも毎回出展しております。

娘さんの長田保子さんも同じ会員として活躍しております。
今回は「凌霄花(のうぜんかずら)」を出展しました。

鑑賞していたところ末娘の八木義子さんも来場してきました。
今秋には沼津で「親子展」を開催して3人の作品が揃います。

(9月14日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジック「横浜マジカルグループ」

2016年09月13日 | マジック
                 YMGテーブルマジックを楽しむ会

佐々木節夫さんからの案内でYMG(横浜マジカルグループ)の「テーブルマジックを楽しむ会」を観覧しました。
会場はかながわ労働プラザホールです。
YMGの楽しむ会には二年前に行きました。
その時は佐々木節夫さんが司会するグループを観覧しました。

昨年の母校武蔵野市立第三中学校の同窓会総会の時にマジック披露で3人が出演をしました。
その時に佐々木節夫さんも出演をしており、お互いが同窓生であることを知ることとなりました。
その後、佐々木さんはTAMC(東京アマチュアマジシャンズクラブ)の大会にも来場してくれております。

YMGの「テーブルマジックを楽しむ会」は4つのグループに分かれて出演者が順番に回って全員が観客に演技を披露してくれます。出演者の皆さんはよく練習をして素晴らしい作品を見せてくれました。
お土産マジックは「カエルのカード当て」で山本純一さんが解説をしてくれました。
その時に観客から手伝いとして出演したのが古川令さんでした。
古川令さんはジャンボカードを演じることで世界マジック大会にも出場しているスキルの高い技術を持っている方です。
とても楽しく観覧できましたYMGのマジックを楽しむ会でありました。

(9月13日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江戸川区「タワーホール船堀」

2016年09月11日 | 日記
                     タワーホール船堀からの展望

都営地下鉄新宿線の船堀駅前に江戸川区の施設で「タワーホール船堀」があります。
タワーホール船堀の展望室は115mの高さにあり360度景色が見渡せます。
展望室まではエレベーターにより無料で乗れます。

ディズニランドの山と客船、東京タワーと富士山、東京スカイツリー、荒川と中川の間には中央環状線高速道路、遠方には東池袋のサンシャシンビルや豊島区役所の高層ビル群などが展望できます。

(9月11日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天ぷら割烹「天山」

2016年09月09日 | 日記
                     天ぷら割烹「天山」

南池袋のあずま通りからすぐ入ったところに天ぷら割烹「天山」というお店があります。
お店に入るには樹木に覆われたトンネルを通って行きます。
ランチタイムはいつも満席です。カウンター席7席、テーブル2卓、そして地下には座敷があります。

このお店は話題性があるのかよくテレビの取材を受けて放映されています。
「ぶらり途中下車の旅」「じゅん散歩」「正直さんぽ」などに採り上げられておりました。
店主は天ぷら職人でもありますが、欧州に行き洋食の技術も学んできた逸材の人物です。

天ぷら定食、天丼がランチのメニューとなっているがその他にも洋食のメニューがあります。
カウンター席から店主が天ぷらを揚げている姿を見ていると誠に手際よく仕上げています。
もちろん、美味しい天丼、天ぷらに満足しました。

天ぷら割烹「天山(てんざん)」
東京都豊島区南池袋3-16-12
TEL 03-3983-2262
営業時間(月~金)
11:30~14:00(ご飯なくなり次第終了)
18:00~21:30 (LO) 22:00 クローズ
ディナーのみ要予約
定休日(土・日・祝)

(9月9日記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加