団子マンを目指す中年男「いけしゅ」のクロダイな日記(仮)

合唱,Win95,Webページ,MIDI,PC自作を経て黒鯛の紀州釣りで団子団酒田支部を名乗る男の放談(訳ワカラン)

またもやチョロッと団子釣りも、、、

2016年06月27日 | クロダイな日記(仮)
結論から書くと,チャリコ(マダイ子)1匹のみ。
それでも先日の中ベラに続き,底を取れてこその外道が来ているので「設定と最低限の釣りはok」と判断した。

でも,クロダイ釣れないとねぇ...

まだまだ団子は水分多め,けれど小さく真ん丸く握れてきた。
空中分内もかなり減った。
10年前だと北港ではそろそろ釣れる時期だ。本港は7月かな?

体力より精神的に続かないので,少しずつ団子を慣れて行って,集魚したらワイワイ集まったアジ釣りにチェンジ,とかいうパターンが続きそうだ(結局,浮気な釣りかよ!)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本港第二船溜りでアジ釣り中、中2少年の巨大ヒラメに、、、

2016年06月27日 | クロダイ以外の浮気な日記(仮)
日曜日,本港第二船溜り内側でテキトーにアジを釣っていると,ドタバタとルアー少年がやって来て,明らかにビギナー,って雰囲気で竿を出す。おーい,学校よりこっちが危ないんだから走るな!!
と思ったら一投目でスズキ(大きさだとフッコ??←詳しくない)をゴリ上げていた。
私を含めて「兄ちゃんすごいな」「ビギナーズ・ラック」などと普通の範囲で持ち上げる。

ところがこの男,凶暴につき!ではなく(笑)こんなものでは終わらない。
自転車を置いた方にドタバタと行ってきたと思ったらまた開始。
すると「重い」「上がらない」スズキの親か?などと聞いていたら,そんなものでなく..でっかいヒラメ?とのこと。
野次でなく怒号でもなく,激励とアドバイスの声は続き要約すれば「ゆっくり口を上げさせろ」「タモは?タモ!」「持ってない」確かになーんも準備がない。

てことで「準備だけは良い,いけしゅ」タモを出して無事上げた。
結果,場所的には初めての「73cm」とのこと。大騒ぎだった,オーバー・ザ・ビギナーズ・ラックである。
「持っている」かも,続ければね。

で,フック外しで口あんぐり,自分のこぶしが食いちぎられそうなくらいの大きい口を相手に,素手で外そうとしている。
さすがにここは「ヤメロ,危ない!」くらいは言った気がする。
この大獲物もまた自転車に持って行き,また釣りなおす勢いだったので,周囲は全員「一旦戻れ」と諭し何とか納得。
「どうやって食べるの?」「調理できるのか?」あれやこれや。
実は午後に再会したので聞いてみたら「おばあちゃんが調理してくれました」「おばあちゃん,プロだな!」「いいえ,昔,学校で給食を作っていただけです」「いや,それをプロ,って言うんだよ!」となかなか噛み合わないBoyだ(素朴で可愛いけど)

「写真とっていいか?」「いいですよ」「ブログに出てもいいか?」「はい」ぶっきらぼう(笑)
「笑え」「無言」「ルアー見せてくれ」「はい」でこんな感じ。

うーん,斜に構えたい年頃なのね(懐かしい)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年初の「なんちゃって」団子釣り、そして必須アイテムを、、、

2016年06月25日 | クロダイな日記(仮)
今年初,酒田北港砂防堤で団子釣りをしてきた(チョロッとです)
初日は風の強い「段差下」で逆風をがんばったが,一度ウキがスッと入った気がしたが,それ止まり。
握りも投げも杓も,全てにおぼつかない。

2日目は同じ砂防堤のスリットへ。
エサトリのオン・パレード。
そんな中,唯一釣れたのがコイツ,中型のベラ。
もちろんリリース。
この日は,道糸を在庫の「WAX紀州釣り」に張り替えて臨んだが,下巻き量を間違えたか,リールから糸が出まくり&絡みまくり。
その後は前日同様,握って投げての繰り返し。
今の私には苦行は無理,早々に引き上げた。

最終投が終わり仕掛けを回収しようとしたら海面が「ブワッ」おびただしい数のアジだった。
今の緩い私の団子は,アジの集魚に最高ってことか!?(苦笑)

あと余談。

いつも個人農場さんから米を30kgの袋買いをしているが,何を思ったか嫁が「精米してもらってるんだから糠をもらえば!?」と結婚三十有余年でベスト5には入る提案。
当然にタダでもらってきた。

庭の土づくりでも大量消費するシーズンなので丁度よい。
質が低下するとすれば庭に撒けば良いのだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大漁、、正しくは入れ食い(苦笑)

2015年08月23日 | クロダイ以外の浮気な日記(仮)
最近は,もっぱら「浮気な日記」カテゴリーだらけですが..
今日は,鶴岡からやって来た,ヤツを自宅から4分の釣り場に連れて行き嫁に「ドッボン」させないよう,シャツの下を引っ張らせながら釣る。
一投目から食われ..ほぼ全部食われる。
危険回避のため30分だけ..とか言いつつ延長して40分で12匹。
10分3匹は自分なりに上等,半日もやっていたらすごい数だ(数学的に(笑))
てことで,昼帰りのヤツの専用バッカン?は隙間がない(冷却材で上げ底だが)

夕方もまた,コイツ抜きで行く。やはり入れ食い。
けれど,昼と同様のペースで,スカーッ!とバラシ(空振り)もかなり多い。
外道のへぇざっこ(ウグイ)数匹除けば,全部本命の小アジ。
で,たぶん全て2歳モノ(数え年)であり,生まれたての当歳魚は少ない。
5月末に会えなかった尺アジらの卵が港内には少なかったのだろうか(ワカラナイ)

てなことで夕方も日暮れ頃まで1時間強,20匹前後は釣れた。
でも,やはりバラシは多すぎだ。
そして今日のラストは...
旋(つむじ)風かダウン・バーストか!?急な黒雲に見舞われ「あっ」という間の強風,すぐに強い通り雨。そして風は西だったのが東から,さらに南へ。
あれよあれよの南風は道路から岸の砂ぼこり全てを追いやるように吹いていた。
私の視界は奪われ,竿は車止めで引っかかり,クーラーは何とか持ちこたえていた。
即断し,竿はたたまず軽バンに仕舞い,バッカンの水で場を流し帰宅した。

帰宅してからも,そのような状態には見舞われなかった。
以前,吹浦漁港の第三堤防で雷雨があり,息子と二人,帯電でビリビリな竿を仕舞うか捨てるかという場面を思い出し,ヤツを帰してからで本当によかったと..クワバラクワバラな思いの日曜日となった。

[追記]オーナー針の胴突アジ..だったか!?
 きょう最初に使っていたのは「SASAME」だったかの40cmハリス付きの4号針。
 で,夕方の途中からは,信頼のオーナー針4号を自分で0.8号のハリス40cmで結んだのを使ったのだが,バラシが少ない,というより食いというか刺さりが全く違う。
 というか体感的に違いが分かったほどだ。
グロダイの団子釣りの際も,すすめられてオーナーのカットチヌ系を使っていたのだが,その頃も同様に感じていた。
 当分は,こちらを使ってみようと思う。
「食い=針のおかげ」「バラシ=腕前のせい」てな感じか!?(苦笑)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ランキングに参加していません(苦笑)

2015年08月22日 | クロダイ以外の浮気な日記(仮)
必ず下↓の方に,

>ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

と入るのだけれど,本人の自意識的には,全然参加していません。
そういう話が始まったとは,聞いていません。

てことで,どうということのないボヤキでございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣れるとの噂を聞き、アジ釣りに浮気(苦笑)

2015年08月22日 | クロダイ以外の浮気な日記(仮)
昨年,初秋からは,もっぱら小アジ釣りだったが,今年は地元釣り情報で「小アジ釣り始まる」などと書かれ,ワーッと行ってしまい,以来,今も「家から4分,会社からも約4分」な釣り場でアジ釣りだ。
しかもサビキでも大仕掛けでもない,中通し八尺(240cm)竿にガン玉5号位の棒ウキ,針は小アジ3か4号,エサは超ヤワラカなオキアミの尻尾だけ(笑)

てなタックルにしょっちゅう掛かるのが,当地で言う「へぇざっこ」(ウグイ),デカイぜ!
そして,たまたま「また釣りたくない」ってんで足元にほったらかしにしていたら,さらに釣れたのが..鳥..カモだ(涙)
重さを覚悟して引き上げ..軽い。何せ鳥だから(笑)
絡んだ仕掛けを何とかして解放してあげると,カモはウグイを丸飲み..しようとして大失敗。
釣られた者同士で大騒ぎの図だった。


で今日,降ったり止んだりの午前の1時間位に小アジ4匹しか釣れず(最近はこんなもの)やる気なく4分で帰宅。

夕方もやる気ないまま同じ岸へ..って,知らない●●丸のオヤジがにらんでる。
仁義切って釣り場に入るが,ダメとは言わないものの「こんなところでは釣れない,もっと向こう(西側=海側)に行けば釣れる」と排除気味だったので,面倒だから移動。
実績場に行くが全く釣れない(サヨリやサバが少し)
ダレダレで帰ろうか,というあたりで邪魔が入る。
やはり釣れないオヤジが,自己紹介から釣り歴,30分もかかった大捕り物の自慢話を延々..
「あんたみたいのが一番精神的にツライんです」とは言えず相槌打って流そうとするが,メンタルに溜まってくる。

次のエサは出さずに「ああ,終わりか!」というサインを送るが,全く聞いてくれず武勇伝。
最後のエサが食われないので,上げ下げ・3往復位して「終わりだ!」と言った瞬間,本当にたまたまだが,団子釣りでは最近釣れない二歳(クロダイの二年目,約20cm)が斜め下にグイッと引っ張る,本命でも今までのエサ取りでもない,けれど懐かしい?ファイト..まだ若いけれど(笑)

で,さりげなくリリースしようかと思えば,邪魔者オヤジが「よければ,くれ」などと言う。
しかも,あり得ないことに「何か入れるものは無いか!?」などと。
悪い意味で,返す言葉がなかった。
で,クーラーボックスに必ず結び付けているスーパー袋が新品だったので「これで良いか?」と聞く。
すると「良い」と。
そこは「ありがとう」(当地では「もっけだの」..アクセントは"だ"です)ではないか..スーパー絶句。
こちらが道具を仕舞うと,全く気にもかけずに車に入ってあれこれしている。
とんでもない野郎だ。

以前も書いたが,戦後教育を受けた爺さんらも中高年もすでに腐っている。
「こんにちは」「ありがとう」の言える最近の若い世代のほうがマシである。

て,話題がズレました(苦笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の「釣りの入り」は、久しぶりの投げ釣り(キス釣り)で、、

2015年08月22日 | クロダイ以外の浮気な日記(仮)
今年も大して気合いなく,五月末に「尺アジ釣れるかな!?」などと地元の「値下がり釣具店」へ。
「全く釣れていない。キスなら宮海海岸をはじめ,どこの浜でもチョイ投げで釣果がある」とのこと。
実はこの日,ほとんど年一回!?という位に珍しく息子を同行し「夜釣り覚悟」の夕刻だったため,ジャリメ(イシゴカイ?)買い,タックルは投げのまま海岸へ。
久しぶりのため,至って4色(気持ちは100m)のつもりが3色程度..だが,手前で釣れている(笑)

これは別の日の釣果だが「毎日夕日」な生活パターンになり「会社~浜~自宅」「浜~帰宅~会社~帰宅」みたいに見かけ健全?な日常。

最初は生家に近い宮海海岸だったけれど,約20分かかるので,自宅から約8km,10分の酒田市十里塚海岸にチェンジした。
で,写真のような釣果が出るので,7月の途中まで通ったのだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超久しぶりに酒田港南防波堤「巨大赤灯台」に行く、、ほとんど釣らず(笑)

2014年06月02日 | クロダイな日記(仮)
1年過ぎてのupですが...まだ梅雨明け前,釣れるはずないだろな!?などということも考えつつ,心配してくれるオカちゃんが誘ってくれた「南の曲がりの曲がり」つまりは赤灯台下に大量の団子材をカート引いて行ってきた。

赤灯台手前までかなりの距離をカート引くが,最後にドスンと下がる壁。

そびえる赤灯台。
で,向こうにボヤーッとオカちゃん軍団,いるいる(笑)

けれど,予想どおり自分はダレダレ。
ほとんど,くっちゃべって数投して,ダラダラと帰ることになった。
それだけでも,相当な疲れを残してしまったのだった。

さーて,その後,今年(H27年)まで,私は団子釣りをしたのでしょうか(苦笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず温排水にも南にも行ってみる

2014年05月02日 | クロダイな日記(仮)
この辺では,この時期に団子釣り(紀州釣り)をしていたら変態か何かだ。
でも私は,それに該当している。
温排水に行った時は「本命ではないが,もじもじしてるなぁ。もしかしてウミタナゴ?」などと季節の物を期待したら大はずれ。すでにフグフグ天国だったみたいだ。
ココは,年間通して唯一釣りのできる岸のため,人が多いがマナーの悪い人が多く,ゴミやらで汚い。
(普通,マナーは若者の方が悪そうに思うが,実は年寄りに多い)

さっさと引き揚げ,ホームの南防波堤へ..あ,別の日でした(笑)
あぁ,赤と白の灯台が並んで見える..じんわり。

いつもの「曲がり」から釣り座方面。ちょうどサラシのあたりだ。夏以降,釣れてくれるとうれしい(今からなら,もっとうれしい..無理無理)

№6に座りました。以前,ここの主でもあるT名人が座っていた№5は,波に侵食されていて釣り辛そうだったのでヤメタ..が,根がかり激しかった(笑)

団子の崩壊,コントロール大ミス,安い1-530竿の穂絡みと,トラブル連発したが,天候も良く,そこそこ鳥海山の見える「気分の良い練習」(中の上位?)だった..ことにした。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年初めて、青空の海に行く..目的は果たせず..

2014年04月15日 | クロダイな日記(仮)
天気も良く,勢いもついたので,夕刻前に酒田北港付近の大浜海岸まで行ってきた。
恥ずかしながら初の「イサダ(エサダ)捕り」がメインだったが全く生物を拝めず,帰り際に,お日様方向を見ると春から初夏の兆し。
目的を果たせなかったおかげで?気分はリフレッシュ,となった。

P.S.この後,バケツ2杯分の砂を採取してきた。
大浜海岸通りは「砂だらけ」「砂とり放題」「ここってホントに道路?」な具合いで,場所を選んで「上澄み?」だけいただくと,今までにないくらい,とってもキメ細かく,網でこしてもサーッとそのまま落ちていきました(不純物なし)
これで一年分はあるかも...
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

青空の下で団子投げの練習をする

2014年04月14日 | クロダイな日記(仮)
他人から見ると「何?」「変態?」かも知れないが,今年初めて「晴天」「暖かい」「気持ちいい」の3点セットだったため,家の裏の土手の陰,母なる「最上川」の河川敷で,何と!団子投げの練習をした。

ともかくマイ・ペースで,気分も安定させたいので,リハビリ・モードだ。
あと,他人様はこういう練習はせず「釣果求めて本番・本番!」でしょうが,シーズン前は基本が大事,と思っている..本当は体調良ければ冬なんかも「ウキ作り」とかに励めると最高です。

我が家のそばには「新・小牧川」が流れ,すぐに大きな水門があり最上川に注ぐ。
その水門の裏が「手すりが邪魔」ではあるものの,両岸が岸壁状態になっているため,初めて「練習してみよう」などと思いついた。
川幅は目測で30mオーバー(7本くらい)

いつもの下手投げで練習するが,指が引っかかり空中分解,変にスナップがかって左回転し2本半どまりとか散々...(涙)
団子は極小・ゴルフボールか卓球ラージボール大。
で,小一時間がんばった結果,
・シマノのフカセ杓L...約6本と,向こう岸のちょい手前くらい。
・王様印の団子杓L...グリップが甘く,かつ杓自体が重すぎて,約5本。
・手投げ目一杯...約4本で空中分解。
・手投げ抑え目...約3本で概ね良好。
とりあえず,本番と違って「水道水使用」「アミエビなし,チヌパワー・麦少量」というものだったので,あくまで参考値ということで...糠砂ベースの「ふわふわ団子」でしたが。

いつもと反対から見る桜並木,やっと開花したばかりです。
右端に見えるマンションの隣が「My sweet home」かな!?

どんだけ近場で団子を投げているかが分かりますね(苦笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「リール下巻換算表Excel」の再度掲載について

2013年05月27日 | 釣りの道具やら何やら(仮)
長年のあれこれで,心身疲弊し,ブログも釣りも5年半ほど休眠,現在もグダグダです。
そんな中,以下の偉そうな実は大したことない内容ですが「ファイルのリンク切れ」とのご指摘をいただきました。
冒頭の理由から,リンク先のサーバーの内容を削除したためによるものです。

つまらない品ですが,以下のような偉そうなものでした。
「リール下巻換算Excel」をバージョンアップし公開!

病んでいる身なもので,ご要望いただき,とても励みになりました。ありがとうございました。

エクセルファイル(Win用Lzh形式で圧縮)のダウンロードはこちらからどうぞ!
(うまくいかない場合は,ブラウザなどの内容を記載され,ブログのコメント機能によりお申し出ください)








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ他人(ひと)とのやり取りは難しい

2013年05月27日 | ブログの利用について(仮)
拝啓 ブログもゆる~く再開しかけ,以前よりは投稿していますが,実際には友人知人の皆さんと以前のように「キャッチボール」できる状態ではないので,ご推察ください。

ただ,次に記事に書く「リンク切れで困ってます」みたいな,私のところにしかたどり着けない(私だけしか答えてあげられない)ような切迫感のある,あるいはありがたいというか,そうした方への対応は,可能な範囲で行おうと思うます。
「詳しそうなので教えてください」レベルの,「ちゃんとググれば?」「自分で調べてよ!」あるいは,もっと他の方に聞けそうな「困ったちゃん」は,申し訳ないですがご遠慮ください。
(コメントの内容により判断し,不公開とさせていただくことが多々あります)

それでは,よろしくお願いいたします。

敬具
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣りと,釣り場の話...私は浦島太郎

2013年05月27日 | クロダイな日記(仮)
後でも書きますが,いろいろあって釣りをしなくなった,というより考えることすらできなくなって,はや約5年半。
療養もあったりで,出たり引きこもったり...
そんな私が,なんと「釣り場は前と状況が変わったのかな?」「道具は持たなくとも釣り場を見学してみようか」「あまり背伸びせず,とりあえず釣具屋覗いてみようか」「ほったらかしの道具は使えるのかな」「仕掛けとか釣りの仕方も忘れたかも」などと,浦島な状況ですが,それを考えられるようになっただけでも,私にとっては大きな前進です。

以前,釣り仲間で5年前の最後の釣りにも同行してくれたオカタケ氏から「釣りをする人って本当に好きな人か,逆に日常から逃げようとしているか,どっちか極端なのでは」と言われ,会社の管理職で単身赴任の長かった私は「現実逃避のための釣り」をしていることに気づかされ,地元の爺さんたちがうらやましく思えたりしていました。

まだまだ療養モードなのですが,ニュートラルな状態で「釣り場見学」でもしてみようかな?などと思っています。
特に「ホーム」である酒田港・本港の「南防波堤」は,荒波で一部が使えなくなり「かなり手前で通行禁止」となっていたのは見ていましたが,だいぶ前に工事は完了してるらしいとも聞きました。
リハビリとサイクリング,そして気晴らしも兼ねて,行ってみようか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

意外に需要の多い「君が代 ピアノ伴奏譜」を,見やすく修正しました

2013年05月27日 | 音楽・合唱・MIDIのこと(仮)
現場やらどこやらで,正式なものが出回っていないせいか(私のブログ解析で「キーワード検索」に常に出てくるのですが)以前,ザックリした,
・緊急掲載!「君が代 ピアノ伴奏譜」および「MIDIファイル」
という記事を書きました。

今になってみると,いろいろと見にくかったので,新たに
・「君が代」ピアノ伴奏譜(簡易版)
という「最大版」を別サーバに掲示しましたので,必要な方は,そちらへどうぞ。
なお,楽譜はGIF画像でサイズが大きいので,用紙に合わせて印刷ください(転載禁止)
あわせて,MIDIとMP3ファイルも試聴・DLできます(こちらも同じ)

(追記)
ちなみに(音楽表現として)最終小節は,ritardando(rit.つまり,次第に遅く)するのが一般的ですが,あくまで演奏者本人の判断で良いと思います。
(程度の問題もありますが,rit.した方が終いとして心地よい,という人もいれば,私のように「詩の内容や重厚な曲感」から,あまり不自然にrit.する必要がない,という考えもあるかと思います)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加