自然を求めて近辺ぶらり

四季折々の風景、草花、野鳥など特にテーマを決めずに写真を撮り歩いています。

ジョウビタキのメスとオス

2017年02月14日 | 野鳥
ジョウビタキ♀






















ジョウビタキ♂

















ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 咲き始めた梅の花にメジロが... | トップ | ヤマガラの餌探し »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジョウビタキ (ヒトリシズカ)
2017-02-14 07:00:49
イケリンさん

2月の今ごろは、ジョウビタキによく出会いますね。ジョウビタキは、3月末ごろには日本から飛び立つために、今ごろはエサを採って、体力を整えているのでしょうね。

今回も、ジョウビタキのオスとメスをそれぞれ、その生態がよく分かる画像を撮影されています。眼がくりくりしていて、可愛いですね。

ジョウビタキ (イケリン)
2017-02-14 08:16:01
ヒトリシズカさん。 おはようこざいます。
最近は特に数多くのジョウビタキに出会うようになりました。
そうですか・・・3月末ごろにお別れですか。
みんなにサービスして出てきてくれているのかもしれませんね。
クリクリッとした、メスの目はなんとも言えない可愛いさですね。
ジョウビタキ (kagurakko)
2017-02-14 08:48:58
おはようございます、イケリンさん。
雨☔になりました。
銀行に行く用事があるのですが…
ジョウビタキのお目目が可愛いですねぇ
近付けないのでいつも後ろ姿しか見えないのですが…
このところ良く見ます。
ジョウビタキ (イケリン)
2017-02-14 08:55:08
kagurakkoさん。 おはようございます。
広島は☔️ですか。こちらは🌤ですよ。
寒さもどうやら今日までのようですね。明日からは少しの間、暖かくなるようです。
もう少しの辛抱ですね。

ジョウビタキの目の愛らしさはたまりませんね。
こちらでも至る所で姿を見かけますよ。
Unknown (fukurou0731)
2017-02-14 14:55:07
イケリン様
こんにちは。
ジョウビタキ、東大阪の散歩道でも頻繁に見かけます。川沿いに1か所だけ畑があるのですが、その杭の上によく止まっています。
畑仕事をしている方がいるのに止まっていることがありますが、カメラを向けると逃げられます。
Unknown (イケリン)
2017-02-14 15:33:04
こんにちは。fukurou0731さん。
大阪でも見かける頻度が高いのですね。
こちらでも最近見かけるのは、ジョウビタキとツグミが非常に多いですね。
数が増えているのかもしれませんね。
ヒヨドリやカラスが増えるのは困りますが、この鳥なら大歓迎ですよね。
ジョウビタキ (korman)
2017-02-14 16:15:58
イケリンさん  コンニチハ
ジョウビタキとは、渡り鳥でしょうか?
春には北へ帰るのですね?
 それにしてもよく観察されておられますが、♂や♀は何で判断されているのでしょうか?
私は、カモメやスズメしか区別できませんが(>_<)
Unknown (イケリン)
2017-02-14 17:19:20
kormanさん。 こんにちは。
野鳥の中でも、雄とメスの判別が難しいものと優しいものがありますね。
ジョウビタキやルリビタキなんかは明らかにわかりますが、
メジロやヒヨドリなんかは、わたしも自信がありません。
ツグミなんかは姿形は変わりませんが、羽の色が濃い方が雄で、
雄の色より薄い方が雌ですが、これとて並べて比較すればわかりますが、
単体だとわかりづらいですね。
ジョウビタキは3月末頃に北帰行するそうです。
Unknown (カワウい)
2017-02-14 20:16:47
きれいなお写真楽しませて頂きました
あんなに小さくても渡るのですね
体力的に大丈夫か心配してしまいます
夏毛が雌雄同じになるとかいうことないですよね
思い過ごしでしょうが オスのほうはいかにも winter version に見えます
Unknown (イケリン)
2017-02-14 21:24:02
カワウいさん。こんばんは。
コメントをお寄せいただきありがとうございました。
このあどけなくて、くりっとした目を見ていると、長旅大丈夫なのかと心配になりますよね。
このまま日本で過ごせないの・・・と言いたくもなります。
考えてみれば、あのヒラヒラと舞うアサギマダラでさえ、何千キロもの旅をするのですから、
大丈夫だと信じたいですね。
ジョウビタキの夏姿は、見たことがないのでなんとも言えませんが、
メスの薄着姿をみていると、あんまり変わらないのではないかと想像しています。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL