精神科医療は思想警察なのか?

旧『食べるコト∞生きるコト』元看護師、元警察官が、精神科医療などを通すして平和とは安全とはについて書いてます。

リーダーを蹴落とし不満ばかり言うパートをどうするか?

2017年07月12日 04時44分40秒 | マネジメント全般
今回のテーマは、リーダーを守るというマネジメントです。
特に中間管理職、パートリーダーを守ることは、サービス業では非常に重要であり、社員不在時はパートリーダーが店舗を切り盛りしてくれるため、事実上、パートリーダーは店長代理と言えます。
ですから、パートリーダーを上手く育成し、守っていかないと、いつまでたってもそのお店は社員なしでは回せなくなる、社員不在時はサービスが低下する事態に陥ります。
まずは、リーダーに求められるのは、❶リーダーシップですが、リーダーシップとは何かというと、現場経験に基づく適切な判断指揮です。
適切な判断指揮ができると、組織の進む方向が決まるため、組織としての集合体の力が発揮されます。
これは、経験、知識に裏打ちされるため、そう簡単には身につきません。
修羅場をくぐってもらうしかない。
そして、修羅場の時に上司が必ず助けてあげるしか、成長方法はありません。
❷公平性、曖昧な意見をしない
リーダーになると、人事権やら指揮権が任されます。
贔屓しているいないに関わらず、リーダーの一挙手一投足をパートは見ているため、不公平感は否めません。
ですから、好き嫌いで仕事をせず、常に公平性があるか?と自問自答し続けるのです。
そして、命令、指示は適格かつ明確にすることです。
曖昧な指揮はいけません。
分からなければ分からない、いつまでに調べるから待っていて欲しいと伝えるべきだということです。
簡単ですが、このあたりを指導しないと、パートリーダーは育ちません。
能力があるだけでは、リーダーはできません。
❸パートを上手く使う
どうしたら、指示通り動いてくれるのか?
声をかけるタイミング、声のかけ方など、パートにより、千差万別です。
相手に合わせて指示出しをかえる。
かつ、労いの言葉は必ずかける。
そうすれば、パートを上手く使えます。

何より、公平性、リーダーシップです。
パートはリーダーがいないと働けないのに、得てして、リーダーをパートの言うことを聞いてくれる人にしたいという願望が強い。
リーダーをコントロールしたいと考えるのです。
パートは責任がありませんから、パートリーダーを変えて欲しいと相談されたら、問題は聴くが、責任あるポジションをやってくれる人はそうそういない、代わりを貴方がやったらどうだ?
と切り返して見てください。
現場リーダーをやればわかりますが、権限よりも、責任のほうが重い。
もっと上の管理職になれば、社内の人間関係だけに尽力すれば良いのでしょうが…汗
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« EDSLPの現状と限界の考察 | トップ | 営業利益、経常利益不振から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。