ROCKET START 逃げ馬日誌

逃げ馬と、小田切有一氏所有馬(オダギラーズ)、ママ=シラユキヒメ白毛馬の応援馬券買い目公開ブログです。

国連委員会の合意見直し勧告を受止め、平和憲法の精神に立戻れ!!

2017年05月16日 | ブツブツ
国連の「人権条約に基づく拷問禁止委員会」が去る12日、慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意について、見直しを勧告した。
これは元慰安婦に対する「補償や名誉回復、再発防止の保証などが十分ではない」とした当然の勧告だ。

ところが、いやむしろ当然のように、これに対して日本のキチガイどもが悲鳴をあげている。

いわく
「国連が完全に狂ってる」
「国連委員会の勧告なんていうのはどこの国も無視している。日本も無視して黙って拠出金を止めればいい」
「韓国との国交断絶を望む」
「国連脱退せよ」
「国連は日本に戦争させたいのか」

いやはやキチガイどもの言い分には毎度毎度呆れかえる。

しかし、そもそもこのキチガイ=右翼どもは、一昨年末にアベ晋ゴジラ(吉田照美作)が慰安婦問題で朴槿恵前政権と合意を結んだ際、これに猛反発していたのではなかったか。

いわく
「詐欺師売国アベ!日本から出ていけ!」
「国賊、安倍晋三は今すぐ死ね」
「今日の件で支持をやめました。アベ政治を許さない」
・・・などと怒り狂って、ネット上で「合意無効」をわめいていた。

ところが、このキチガイどもはその舌の根も乾かぬうちに、昨年末韓国の市民団体が、平和の碑像、いわゆる少女像を設置したことが伝えられると、今度は「合意を守れ!」の大合唱だ。

そして今回も、ウヨク弁護士・楊井人文が「日韓合意見直し勧告したのは国連の委員会でも国連の機関でもない」から守る必要はない、などと叫んでいるように、国連委員会の勧告に対して悲鳴をあげ始めているのだ。

まっとーな日本人なら、今回の国連委員会の勧告は、両国の慰安婦問題を今一度見直すいい機会としなければならない。
そのうえで一昨年末の日韓合意がいかに不十分であったかを再確認し、韓国市民による新たな少女像の設置に対して断固として支持を表明する必要があるだろう。

もともとこの2015年末の日韓合意自体、慰安婦問題の歴史認識を軽視し、カネですべてを解決しようとするアベ晋ゴジラの本領を発揮したものだ。
「心からおわびと反省の気持ち」の表明等についてもアベ晋ゴジラお得意の大ウソに過ぎない。

アベはもともと「(慰安婦だという人の中には)明らかに嘘をついている人たちがかなり多くいる」「実態は韓国にはキーセン・ハウスがあって、そういうことをたくさんの人たちが日常どんどんやっている」などと主張し、「強制性はなかった」「強制性を証明する証言や裏付けるものはなかった」などと繰り返し自分の考え方を周りに押し付けてきた輩だ。
この合意においても、元慰安婦の人々に対して「心からおわびと反省の気持ち」を表明したというのも、アベ自身の口から公の場で具体的に語られたことはない。
もし口に出していたとしても、晋ゴジラの大ウソ光線に過ぎない。

韓国内で慰安婦合意の撤回と全面的再交渉を求める声が続いているのもけだし当然だろう。

そして、韓国の市民団体が釜山に新たないわゆる少女像を設置すると、駐韓大使の一時引き上げや日韓通貨スワップ協議の中断などの対抗措置を断行。
露骨に韓国政府に圧力をかけ、近代民主主義国家の大原則である表現の自由と平和を思う人々の内心を圧殺しにかかった。

もともと日韓合意では、少女像について韓国政府と団体が協議などを通じて「解決に努力する」と決めただけであって、それを日本政府の要求によって撤去させたりすることができるわけがない。

そもそも、いわゆる少女像は彫刻家によるれっきとした美術作品=表現芸術で、その資金は市民による募金なのだ。
これは当然尊重すべき、市民の「表現の自由」によるものだ。
しかもアベ晋ゴジラやキチガイどもがいうような「反日の象徴」ではなく、正式名称の「平和の碑」の名のとおり、戦争を憎み、犠牲者を悼み、世界の平和を希求する市民の思いが込められているものだ。

たとえば、同じように平和の象徴であるわが広島の「原爆の子の像」について、原爆を投下したアメリカが「10億円を出すから像を撤去しろ」などと言って日本政府が強制排除したら、キチガイどもはどう思うだろうか。
そんなものは、いくら政府間で合意をしようが人々の気持ちを置き去りにしたものであって、なんの意義もなければ正当性もない。当たり前の話だろう。
まー度量の大きいアメリカはそんなことはしない。
こんなバカげた大騒ぎをするのは、了見の狭い日本人だけだ。

この慰安婦問題に「解決」があるとすれば、加害国の首相が、元慰安婦の目の前で過去の行いを詫びて、反省を示し、今後絶対に戦争犯罪を再現しないこと、平和憲法に基づいた平和政策を今後は実現していくということを誓うことで、そのスタートに立てるというものだろう。
ところがアベ晋ゴジラは、元慰安婦の人々が求める日本の首相の直接的なおわびの手紙を拒否し、あろうことか「財団への10億円の拠出」を名目に平和を希求する市民の心まで弾圧しにかかった。
ようは「カネを出して歴史を改ざんしたのだから、つべこべいうな」というキチガイ沙汰の行為だ

韓国では、直接選挙で日韓合意に否定的な文在寅氏を新大統領に選出した。文在寅大統領はアベとの電話会談でも、日韓合意について「国民の大多数が、心情的に合意を受け入れられないのが現実だ」と伝えたという。
民主主義国家の代表として至極当然の表明だ。

われわれは、平和憲法を守り、平和主義を守るためにも国連委員会の勧告を真摯に受け止め、アベ晋ゴジラの光線のようにウソを吐き、自分のカネのように国民の税金をあちこちにバラ撒き散らす暴走に、断固、反対し、この戦争パラノイア怪獣を退治するのでなければならない。

~ヒロシマの地より~
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィクトリアマイル買い目 | トップ | 今週のオダギラー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む