まだまだ翔びたい関西屋のブログ

フラフラしてますが大丈夫←

地上の星

2016-12-20 17:30:54 | 阪神
↓こいつもぽちっとよろしくお願いします


夜空のムコウには締め切りが待っている♪店主です、こんばんは
スガシカオが締め切りの日を間違えて空港で必死で書いてたって昔ラジオで言ってたんです
そういうのがロマンだと思ってた若い私よさようなら

佑ちゃん「18」返上!“原点回帰”「1」から出直し
この背番号変更といい佑ちゃんをくびにしない意味がわからん
岡ひろみの31を新加入のインディアンス3Aの村田透投手に譲るのはともかく18は困惑ではないかと
店主の母はマー君とのあの熱戦を見てプロに入るまで大学生の四年間を待ったんですががっかりだよ

ロッテ入団の前阪神・柴田は背番号「00」
そうか、変わらないのか
よかった
上本さんの「00」との違和感が消えることはきっとないのだろうけれども
ほんと来年は阪神戦を見たくない
もちろんそんなことが不可能なのはわかってて言ってるんですよ
すでにあちこちで言ってますけど

元阪神タイガースの西村憲投手、台湾プロ野球のトライアウトに挑戦する!
わざわざ石川ミリオンスターズから引き抜いて上園と広大の滋賀の独立リーグはモヤモヤするものがあったんです
いきなりのことでミリスタファンの友達が落ち込んで寝こむし私も私でよくわからないけどがっかりするし
どっちが憲ちゃんのためにいいのかいろいろな人たちで考えたことなんでしょうけどファンは置いて行かれた気分になりました
だから台湾のトライアウトに挑戦してくれたのはうれしかったですね
くすぶっていてほしくはなかったし
憲ちゃんと同期の蕭一傑くんがいろいろお世話をしてくれてるのも泣けますね
これも同期の縁です
タイガースにいた林ちゃんも応援してくれているしぜひともトライアウトに受かってほしいです

写真は現ほっともっと神戸、当時はまだスカイマーク神戸でした
ほっともっとの呼び名にも慣れましたなあ
この中で阪神に残ってるのはブルペンキャッチャーの鈴衛さんだけです
30前後の中堅がごっそり抜けましたね
極端なチーム編成に思えるのですが仕方ないのかな

阪神の2008年ドラフトのお話でした
一番思い入れのある世代なのですがもうほとんど阪神にいないのです
楽しい未来を待っていましたよ
上本さんと憲ちゃんが一緒に日本シリーズに行けたらよかったのに
選手会長になってから上本さんのそばにほとんど憲ちゃんいなかったし
思い出せばさみしいことばかりです
希望を持たなきゃよかったのでしょうか?
別々の場所で頑張ってるけどあのままでいてほしかった
こんなに残酷ならば野球なんか見なければよかった

2003年に阪神が優勝した時、野球を見続けることにどうして理由をつけたのかわからない
都合がいいから帰ってきたと思われたくなかった?
そんな気もします
ずいぶん前はサラッと書いていた長そうな闘病生活で家でできそうな娯楽、のはずだったんです
娯楽でもいいじゃないですか
ちなみに中畑監督就任の時も病院にいました
いい監督だなあってどうして思っちゃったんでしょ
思ったんだからようがないじゃん
誰のバックグラウンドも知らないよ
野球観戦の旅に出られる程度に回復したのが誤算だったかもしれません
健康になったからいいじゃないかと思われるかもしれませんが自分の中では誤算なのです
10数年も経てば変化するし20年越えたら泥沼解散だってするんですよ
長生きはするもんじゃないのかするべきか
もう少し考えます

・・・何の話だ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あ、そういえば | トップ | ツバメよ教えてよ地上の星を~♪ »

コメントを投稿

阪神」カテゴリの最新記事