サレ妻、生き恥を晒す!

配偶者の不貞を疑い、悩み、事実とわかり、ボロボロのアナタへ。愚痴も、建設的な話も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

余談:今井絵理子と斉藤由貴

2017-08-05 16:18:06 | 日記
元SPEEDの今井絵理子議員に不倫疑惑が持ち上がった件、
報道内容を読んでKさんを思い出しましたよ。

息子が一人いる。
周囲に「あたし、育児も仕事も頑張ってま~す!」とアピールする。

して、その育児の実態は、息子を親に預けて妻子ある男性とイチャコラ三昧。

まんまKさんと同じです。どっちの子もまだ幼いってのも同じ。被害甚大。

多分、相手男性の妻は夫に何らかの疑惑をもって責めたんでしょうね。
それでまだ交際期間が浅いから舞い上がってる状態の夫側が離婚を言い渡し
出て行った。

(あくまで想像ですが)


そして斉藤由貴。

かつて「私、学ばない女なんですよね」と二度目の不倫会見で平気そうに語った人。

20年以上経って、三度目のこの手の会見。
しかし今回は夫と子がいるせいか?本当に「不貞行為」に該当する行為は
なかったからなのか?認めませんでした。
まぁでも好意は持っているためにあのようなフワフワした曖昧な雰囲気に
なるんでしょう。好意を認めた斉藤由貴はかなり正直者だと思います。
(褒めてはいません。人として嘘つきよりマシってことです)

しかし不貞行為ないといっても社会からは信用してもらえません。
不貞の問題はこれにつきます。
(だって密室の中での真実はどのみち当人2人にしかわからないから)

成人していて手をつなぐような相手と2人きりで一定時間複数回個室で会う。
この証拠写真があると裁判でもクロと印象持たれます。


今井さんも斎藤さんも、どちらも夫婦のところは夫婦にしかわからないし、
不倫のこともその当人にしかわからない。

だから、夫婦仲が悪いだの、不貞行為はしていないだの、何が真実か
他人からはわかりません。

わかるのは、現在日本では既婚男性と不倫疑惑もたれても、高確率で
いまさらイメージダウンしないのは高岡早紀だけだろうってことです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調停 その1 | トップ | 調停 その2 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。