古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

魏志倭人伝の真実と間違い(難升米の大嘘)

2017-05-14 17:34:51 | 歴史
魏志倭人伝の真実と間違い(戸数)の続きです。
魏志倭人伝の記述には、難升米からの情報が沢山あります。
特に、卑弥呼、邪馬台国については、難升米情報が全てです。
難升米は、武皇帝に認められるために沢山の嘘の情報を伝えます。
以下が倭国の実態と難升米の嘘と倭人伝の記述です。

1、倭国の国々が卑弥呼を女王とたてた。
  諸国のもめ事を祈祷師 卑弥呼に委ねる事で争いが少なくなった。(女王と認めたわけではない)
  倭国の国々が卑弥呼を女王として立てた と伝えたのは、難升米です。
  難升米は、238年の卑弥呼の朝貢の時はまだ若いです。(多分、10代、20代)倭国大乱の時代を知りません。
  つまり、真実は知りえません。
2、邪馬台国は存在していなかった。
  女王国の国名は 台国(トコク)或いは 臺国(イコク)でした。
  ※奴国と同じ発音も一音で、古くからある国です。
3、難升米は、女王の国 台国(トコク) を 天空にある台国(トコク) と紹介
  天(アマ)の台国(トコク)がヤマタイ(邪馬台)国と記述された。
4、女王国までの道程
  自らが帯方群までたどり着くまで、水行十日陸行一月 と伝えた。
  魏志倭人伝には、既に知っていた奴国まで道程の後に、そのまま書き加えた。
5、女王国の規模 七万戸
  奴国が二万戸なので、七万戸と大嘘をこく。そのまま倭人伝に記述される。
6、大陸がまだ知らない21の国名を伝えた。難升米は、一生懸命に暗記したはずです。
  但し、この時は狗奴国の存在は伝えていません。
  結果、難升米は大陸から知識人としての信頼を得る。(難升米は多少の漢字も書けた、読めた
7、倭国を周旋すると五千里も難升米情報です。難升米が国々を回るのに月の満ち欠けが二回ほどあったのでしょうか。
  五千里は、50日ほどかかるという事です。
  朝鮮半島の三韓より大きいと実感させたはずです。

これらの結果、卑弥呼は、倭国最大の国 邪馬台国の女王となり、「親魏倭王」の金印を贈られます。
難升米・(都市)牛利にも銀印が贈られます
この「親魏倭王」の金印が邪馬台国の女王卑弥呼を倭国の代表にしてくれます。
一方、納得しなかったのが狗奴国の男王 卑弥弓呼 
狗奴国 VS 邪馬台国 の関係は、親魏倭王の金印が引き金です。
結果は卑弥呼の死亡で狗奴国の勝利ですが、その後、狗奴国が九州北部へ支配を広げる事はありませんでした。
よほど、卑弥呼が気に入らなかったのでしょう。卑弥呼がいなくなればそれで良かったのでしょう。

卑弥呼の死後、伝わった情報に 台与の記事があります。
台与は女王の名前では無く、台(臺)国と邪馬台国の元の名前です。
邪馬台国は存在せずに、台国が大分(後の豊国トヨコク)にありました。
卑弥呼の祈祷の宮殿も豊国(但し、福岡側)ではないでしょうか。
卑弥呼も台与も固有名詞の様に伝わりますが、実際は
卑弥呼 = 姫 巫女
台与  = 台国の女 の様に、その役名でした。
※倭国には、人に名前を付けると習慣がありませんでしたので、その部分が大陸にうまく伝わらなかったのでしょう。

陳寿は、当時の知りうる情報を元に魏志倭人伝を書き上げました。
残念ながら、難升米が伝えた嘘や裏事情を察する事が出来なかったのです。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魏志倭人伝の真実と間違い(... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。