古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

古代史豆知識(神社)

2016-10-18 19:02:10 | 歴史
過去投稿を少しづつまとめていきますね。
最初は、神社です。日本人ならぜひ知っておいてほしいです。

1、神社には格付けがあります。
  〇〇大社と〇〇神宮の違い
  大社と云えば 出雲大社 そのほかにも熊野那智大社諏訪大社宗像大社等があります。
  神宮と云えば、伊勢神宮を筆答に、橿原神宮平安神宮、新しい所では明治神宮がありますね。
  この神宮と大社の違いは、
  神宮と云えば 伊勢神宮、大社と云えば 出雲大社が本家ですね。
  基本は、天照大御神の直系子孫か分家かとなります。詳しくは
  出雲大社 と 伊勢神宮 を・・・

2、大社と神宮で社殿も鳥居も違います。
  神社の鳥居 と 社殿に詳しく書いておきました。
  鳥居 鳥居上部の横柱が一直線になっている神明(しんめい)鳥居 と この横柱の両端が上向きに反っている明神(みょうじん)
  社殿 高床式の穀物蔵の形から発達した「神明造」と 古代の住居の形から発達した「大社造」

3、知っておこう 天皇家の三種の神器
  三種の神器は
  
「八咫鏡(やたのかがみ)」は
 アマテラスが天岩屋(あまのいわや)に隠れてしまったとき、誘い出すための鏡
 伊勢神宮の内宮に奉納されている。

「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」は
 天岩屋の榊に「八尺瓊勾玉」がかけられていた
 名古屋の熱田神宮に奉納されています。

「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」は
 スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治したときに、その尾から現れた
 皇居吹上新御所(こうきょふきあげしんごしょ)の剣璽の間(けんじのま)
の三つです。この三つが今もこの二つ神社と御所にあるのです。
そして、20年に一度の、伊勢神宮の式年遷宮の際に伊勢神宮に集められるとの事です。

4、ちょっと覚えておいてほしい神社
  宗像大社の沖津宮(沖ノ島)
  天照大御神の三人の娘が祀られています。
  熊野那智大社の熊野三山
  諏訪大社等があります。
  古代を知るには大社について調べた方が面白い様です。
  神宮では、熱田神宮にも面白い伝説があります。
  何んと、天照の先代、イザナミ、イザナギが祀られてます。
  諏訪大社も独特です。
  身近にある神社でも、とんでもない事実がある場合があります、是非調べてみて下さい。


  
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神武天皇一族のその後 | トップ | 古代のロマンたっぷりの日本神話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。