古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

後漢書と魏志倭人伝の相違点

2017-04-23 20:06:24 | 歴史
やはり気になるのが後漢書と魏志倭人伝の相違点です。
作成されたのは、魏志倭人伝が先、
西晋の陳寿により3世紀末(280年(呉の滅亡)- 297年(陳寿の没年)の間)に書かれた。
これでも、卑弥呼の死後、半世紀後
後漢書に至っては、編者は范曄(はんよう、398年 - 445年)で更に100年後
秦の始皇帝の時代に、大船団で倭国へ住み着いた徐福の記事もあります。
後漢書の倭国は
「倭は韓の東南、大海の中にある。山島に居住して、すべてで百余国。武帝が(衛氏)朝鮮を滅ぼして以来、漢と交流のあったのは三十国ほどである。国はみな王を称し、代々受け継いでいる。その大倭王は邪馬台国に居る。楽浪郡の境界は其の国を去ること万二千里。その西北界の狗邪韓国を去ること七千余里。
・魏志倭人伝の対馬から伊都国、奴国、不弥国などは詳しく記載されていません。
倭国全てで百余国、漢と付き合いがある国が三十国、大倭王は邪馬台国
だいぶ、省略してあります。
「桓帝と霊帝の間に倭国は大いに乱れ、互いに攻撃しあって年月をすごし、主導する者がいなかった。一女子がいて、名は卑弥呼という。高齢だったが、独身で、鬼神道につかえ人々を惑わし操った。各国は共同して卑弥呼を立て王と為した。侍女千人が付き従っている。面会した者はほとんどいないが、ただ男子一人が飲食物を給仕し、言葉を伝える。住まいや宮殿、高層の神を祭る場所は城柵で囲い、みな兵器を持って守っている。法習慣は非常に厳しい。」
卑弥呼と云う名前からして、魏志倭人伝委を流用しています。
「女王国より東、海を渡って千余里で拘奴国に至る。みな倭種であるけれども女王には属していない。女王国より南、四千余里で侏儒国に至る。人の背丈は72cmから96cmである。侏儒国から東南、船で行くこと一年で裸国、黒歯国に至る。交流の可能な国はここで終りになる。」
・女王国の南にあるはずの拘奴国が、東、海を渡って千余里
・出発地点より水行20日かかる投馬(ズマ)国は何処?
・女王国より東、海を渡って千余里には、国名不明の倭種の国は?
范曄が書いた倭国は、漢の時代(1~2世紀)、魏の時代(3世紀)、南朝宋時代(4世紀)を一つにまとめてしまったのです。
魏の時代(親魏倭王の金印が贈られた時代)については、魏志倭人伝の記載が正しいと思います。
漢と交流のあったのは三十国は、4世紀の国々です。
倭国とは、九州全土から山陰、山陽までの国々です。邪馬台国は豊国(台与女王)です。
対馬国、一支国、末盧国は残ったでしょうが、伊都国、奴国、不弥国は一つになり筑紫
女王国の境界に紹介されている国々も纏まったり、無くなったりして、国の数は減っています。
新たに倭国の計算に入った国が豊国、肥国の九州東部、出雲、安芸、吉備など瀬戸内海の国々が集まって30国と表現しました。
・女王国より東、海を渡って千余里で拘奴国に至る。みな倭種であるけれども女王には属していない。
は、山陰の出雲国連合ではないでしょうか。出雲が九州より千里はとは近すぎますが、出雲連合が山口まで広がっていた。
と考えます。

范曄が書いた倭国伝は、長い歴史を魏志倭人伝より短い文書に纏めてしまった為、かなり無理が生じています。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後漢書の「漢委奴国王」と魏... | トップ | 魏志倭人伝に登場する人物(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。