草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

反日独裁国家の奴隷になることだけは断じて阻止すべきだ!

2017年05月17日 | 政局

世界が今ほど不安定になっている時代はなかった。習近平、プーチン、金正恩は何を考えているかわからない。安倍首相の労苦には頭が下がってならない。あくまでもセンターレフトで、常識的な線での政策しか提示しないのに、それでもバッシングされるのだから、見ていて気の毒である。中央突破をする度胸は安倍首相にはないのだろう。憲法改正にしても、自分から歩み寄って野党と妥協しようというのである▼日本ファーストの本来の保守派からすれば、それは譲歩し過ぎである。それでも打開しなければならないと思って、批判されるのを承知であえて安倍首相はアドバルーンを上げたのだろう。平成元年のベルリンの壁、平成3年のソ連の崩壊を経て、共産主義の歴史的な実験は失敗に終わった。それでも共産主義国家を名乗っているのが中共や北朝鮮である。いずれも世界から顰蹙を買っている独裁国家である▼中共や北朝鮮、そして反日国家の色彩を強める韓国は、日本を地球上から抹殺したいのである。日本人が結束して身構えるのは、世界の流浪の民にならないためである。ネットでも苛烈な戦いが繰り広げられている。反日国家や、それに連なる者たちに負けてはならない。危機的な状況は日を追うごとに深刻になっている。子や孫が反日国家の奴隷になるのを、どうして黙認することができよう。日の丸の旗の下に、私たちは結集すべきなのである。自由と民主主義を守り抜くために。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東アジアの危機に備えて日米... | トップ | 安倍首相を貶めるために加計... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。