草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

アメリカの新しい大統領は中共に弱腰であってはならない!

2016年11月07日 | 国際問題

アメリカの大統領選挙がどうなるか、世界は固唾を呑んで見守っている。目下のところクリントンが優勢だと伝えられているが、日本にとって気がかりなのは、アメリカの対中政策がどうなるかである。日本を敵視する中共に、これまで以上にアメリカが弱腰になれば、日本は自前で自分の国を防衛するしかなくなる。香港や台湾は共産党独裁の脅威にさらされている▼昨日は香港中心部で、民主派の議員やデモ隊に対して警察官が襲い掛かり、逮捕者も出たといわれる。反中政党「青年新政」の議員二人が、10月の立法議会での就任申請で香港の独立を主張したために、中共の介入による議員剥奪の可能性が高まっている。それを阻止すべく民主派が立ち上がったのである。独立に向かいつつある台湾への圧力も強まっている。いうまでもなく、チベットやウイグルでは民族虐殺が公然と行われている▼アメリカは自由と民主主義を後ろ盾とする国家であったはずだ。中共寄りの政治家が大統領になれば、東アジアの秩序はあっという間に崩壊するのである。先の大戦で日本はアメリカと戦った。その原因となったのは支那大陸をめぐってであった。日露戦争以降、日本の台頭を恐れたアメリカは、当時の中華民国を支援し、日本を戦争に追い込んだのだった。アメリカは同じことを繰り返すべきではない。日本との同盟関係を否定するようであっては、日本としても考えざるを得ないからだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫のとんでも発言にすぐに... | トップ | 世界的な保守への回帰は賢慮... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トランプが当選 (東西南北)
2016-11-07 16:07:33
トランプが当選します。

そして、二期務める筈です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。