草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

日本を貶めるような言論と闘うのが保守派ネットだ!

2016年10月18日 | 思想家

政治的な発言をするのは勇気がいる。敵をつくることになり、攻撃され足を引っ張られるからである。田中美知太郎は『ソクラテス』で「ソクラテスの経験では、最小限度の政治的接触においても、正義をつらぬくということは、つねに生命の危険を覚悟しなければならないことなのであった」と書いている▼ただ生きるのではなく「よく生きる」ことを自らに課したのがソクラテスであった。その精神に私たちも学ぶべきではないだろうか。偏向した言論を批判すれば、すぐに罵詈雑言を浴びせられる。それに屈してはならないのである。蓮舫の二重国籍を問題視するのをマスコミがためらうのは、蓮舫の後ろに控えている反日国家に気がねしているからだろう▼今の日本もアテナイと一緒である。今年も三島由紀夫の憂国忌が来月に迫ってきたが、ソクラテスも三島も根本においては変わらない。生命より大事な価値がこの世には存在するのである。民進や共産などの野党やマスコミは、デマゴギーによって大衆を煽り立て、日本の解体を目論んでいる。それに対抗できるのはネットの一人ひとりの力である。いかに彼らから嘲られようとも、ソクラテスのように信念を貫かなくてはならない。言論戦は厳しさを増してきている。もっともっと保守派は戦線を強化しなくてはならず、こで負けてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本を救うには乱世にふさわ... | トップ | 蓮舫を甘やかして国民に真実... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。