草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

マスコミのフェイクニュースに騙されてはならない!

2017年07月14日 | マスコミ評

これでもか、これでもかと偏向報道をするマスコミは、必ずや白日のもとにさらされることになるだろう。ネット民の反撃は始まっており、昨日あたりからテレビのコメンテーターも、これまでと違って歯切れが悪くなっている。加計学園問題の一方的な取り上げ方は、ネットでは顰蹙を買っている。徐々にテレビ局は追い詰められてくるはずだ▼あくまでも地元の意向であるとの加戸前愛媛県知事の発言を無視して、前川喜平を英雄に仕立てあげようとした者たちは、国民の前に引きずり出されることになるだろう。すでにネットを見ている若い層は、フェイクニュースであることを見抜いている。だからこそ、ネット上では朝日新聞が槍玉に挙がっているのである▼かつて朝日新聞の関係者が語った一言が忘れられない。彼らは憲法に関しては、沈黙しなくてはならないそうだ。とくに「改憲を口にするのはタブーだ」とまで言い切ったのである。いくら何でも左翼のなかにだって、憲法改正を目論む勢力はあるはずだ。その議論すらも封印されているのだ▼ゆがんた言論空間を変えるためには、そうした朝日新聞の体質を直視しなくてはならない。現実よりも、自分たちの思い込みを優先させ、それを押し付けようとするのだ。それで日本を守り抜けるのだろうか。私たちはフェイクニュースに騙されてはならないのである。



にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主活動家劉暁波氏の死は牢... | トップ | ネットが指摘した通り加計学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。