草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

お粗末な朝日新聞の反安倍キャンペーンを嗤う!

2017年05月20日 | マスコミ評

朝日新聞の権威は過去のものとなってしまった。加計学園で安倍首相に揺さぶりをかけようとしても、国民は騙されないのである。テロ等準備罪の阻止するために、わざわざ一面トップで書き立てたのに、ほとんど影響はなかった。とくに、ネットからは朝日新聞イコールフェィク記事とみられている。背水の陣を敷いて必死なのだろうが、もはや言論機関としては、評価されていないのである▼朝日新聞と同じように、テロ等準備罪に反対の立場を表明している毎日新聞などは、昨日の段階で匙を投げたような書きっぷりである。「世論の反対は思うように広がらず、攻勢の糸口がつかめていない。このため学校法人『加計学園』の問題で予算委員会の集中審議を要求するなど、揺さぶりをかけようと懸命だ」。テレビはどこの局のキャスターも「議論が煮詰まっていない」とコメントしていたが、衆議院での審議が30時間を超えれば、ほぼ出尽くすのが普通である。追及する野党側の責任が重大なのである。それを問題視しないマスコミがどうかしているのだ▼特定機密保護法、平和安全法制、さらに今回のテロ等準備罪で日本は国家として身構えようとしている。戦後の言論を支配してきた最後の牙城が朝日新聞である。かつては共産主義の信奉者であり、現在は反日国家の代弁者である。その落城の日が迫ってきており、お粗末な反安倍キャンペーンは朝日新聞の断末魔の叫びなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Nスタでの岸井成格の発言は... | トップ | 日本が安泰であるためにも自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。