草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

蓮舫が代表のままでは民進党は奈落の底に落ちるだけだ!

2016年11月26日 | 政局

野党第一党の党首が感情むき出しで、罵倒しかできないようでは、日本の議会制民主主義にとっても由々しき事態である。蓮舫は国民に悪印象しか与えない。それでも必死になってマスコミが擁護するから、それほど恥をかかなくてすんでいるのである。二重国籍の問題について嘘ばかり吐いているくせに、人のこととなると口汚く罵るのは、まさしくブーメランである▼テレビで豪邸を紹介するにいたっては、見当違いも甚だしい。そんなものを見せびらかす政治家は最低である。伊藤博文の大磯の滄浪閣は、建物が田舎の郵便局のようだと評された。原敬にいたっては、芝公園の古色蒼然とした手狭な家に住んでいた。座布団は丁寧につくろわれたつぎはぎだらけで、畳はすり切れていた。豪邸を誇らしげに公開するというのは、政治家のすることではない。テレビのアイドルのままで、日本の国政の舵取りはできないのである▼民進党もどうかしている。いくら蓮舫を押し立てても、支持率は少しも上向いてこない。このままでいいと思っているのだろうか。あまりにも情けない。TPPをめぐる論戦にしても、もっと舌鋒鋭く追及できるのに、言葉の揚げ足取りと審議拒否の繰り返しである。これ以上みっともないことを続けるべきではない。今民進党がなすべきは、蓮舫を代表の座から降ろすことである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮化が進む韓国は日本に... | トップ | 韓国の騒ぎを鎮めることがで... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無防備な日本にしたい者らは (福島の海)
2016-11-27 10:28:48
原発に問題があるわけではないし、放射能の被害があるわけでもない

反原発の政治家の魂胆は、国軍を持つことができない、プルトニウムを持つことができない、無防備な日本を中国に差出すことなのだ

そうした売国の政治屋は、菅のように去りゆくがよい

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。