草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

加計学園の獣医学部新設で旗振りをした民進党の高井たかし!

2017年05月19日 | 政局

加計学園をめぐる疑惑は、お粗末な民進党の嫌がらせに過ぎなかった。安倍首相への忖度によって国家戦略特区に獣医学部が新設されることになったのではなく、何と民進党の高井たかし議員がその実現に向けて、国会でも質問をしていたのである。安倍首相というよりも、高井議員への忖度が働いたことになるのではないか▼テロ等準備罪の衆議院通過を阻止したい民進党は、安倍首相を悪者にするのに必死だが、自分たちの関係者も一枚かんでいたのである。高井議員は民進党最高顧問の江田五月の秘書をしていたこともある。江田と加計学園理事長の加計孝太郎とは昵懇の間柄なのである。保守のネットが次々とそれを暴いたために、テレビが騒いだのは一日二日であった。文部省から出て来た文書なるものにしても、問題になるようなことは何一つ書かれていない▼マックス・ヴェーバーは『職業としての政治』(脇圭平訳)において、政治について「国家相互の間であれ、国家内部においてであれ、権力の配分関係に影響を及ぼそうとする努力である」と述べている。政治家の意向を官僚が忖度すべきは当然なのである。そこで問題になるのは、政治家に公平性が担保されているかどうかである。具体的には金銭の授受とか見返りがあったかどうかなのである。安倍首相にいちゃもんを付けるだけの民進党は、共産党と大差がないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忖度で国会止める民進党 10句 | トップ | Nスタでの岸井成格の発言は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。