草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

来年こそ国家としての日本を取り戻す第一歩にしなくては!

2016年12月31日 | 祖国日本を救う運動

今年も激動の連続であったが、日本は今大きな岐路にさしかかっている。多くの日本人はそれに気づかずに、激流に身を任せているのが実情だ。政治的には自民党が多数派を形成してはいるが、それすらも砂上の楼閣に過ぎない。混沌としたなかにあって、私たちは日本を取り戻さなくてはならない▼私のコラムはあくまでも断片的なメモ書きのレベルである。それでも少しは考える材料になれば、と願っている。マルクスを絶対視した時代はとっくの昔に終わった。反証されれば理論は通用しないのである。カール・ポッパーやマックス・ヴェーバーに立脚して政治を語らなければならない▼自分たちに都合よく解釈する政治的ロマン主義は、未だに日本では大きな力を持っているが、それは現実無視のドンキホーテでしかない。かえって悲劇をもたらすだけだ。共産党ですら中共の脅威を認めざるを得なくなっており、平和を声高に訴えるだけでは、世の中は動かないのである▼来年は今年以上に激動の年になる。引き続き私は、いかなる政治運動とも無縁な立場で、孤立を恐れずに発言したいと思っている。日本が国家たり得ないことで、絶望に突き落とされるのであれば、ここは這い上がって祖国を再建しなくてはならない。それを成し遂げなくては、日本の存続すらも危ういのである。日本人は日本人であることを自覚すべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本が提携すべきは中韓では... | トップ | 日本人の子供の微笑みに感動... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。