草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

四面楚歌で誰も守ってくれない民進党代表の蓮舫を嗤う!

2016年10月13日 | 政局

どうして民進党の国会議員は蓮舫に苦言を呈しないのだろう。今日の参議院予算委員会でも、蓮舫が戸籍謄本を公表していないことが槍玉に挙がった。日本維新の会ばかりでなく、自民党や日本のここも蓮舫を糾弾している。嘘吐きで二重国籍だったというのが知れわたり、もはや誰もかばう者がいない。ギブアップする前に、さっさと身を引くべきだろう▼国会議員を辞職して、総選挙の小選挙区で返り咲けばいいのである。ワンポイントリリーフで、誰かにマウンドに立ってもらえばいいいのだ。徐々に外堀は埋められつつある。無責任極まる連中の集まりである民進党は、蓮舫のことなど最終的にはどうでもいいのである▼日本人は嘘吐きが大嫌いである。蓮舫はその国民心理を知らないようだ。愚痴がたい人間が好きなのである。騙されたと思うと後々まで尾を引く。民主党の政権が誕生したときに、国民は熱狂的に歓迎した。できもしない政策を並べ立てているとは、露ぞ思わなかったからである。その苦い経験から、民主党、今の民進党を誰もが信用していないのである。支持率の低迷ぶりがそれを語っている▼自民党に取って代わる政党は、民進党でないことは確かである。ろくな経済政策もなく、共産党の二番煎じでは問題外である。蓮舫がさっさと身を引かなければ、地獄を味わうことになるだろう。形勢が悪くなれば、真っ先に逃げ出すのが民進党の国会議員なのだから。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本を悪者にして韓国に何の... | トップ | 与野党ともに二重国籍者がい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。