草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

蓮舫の国籍離脱の手続きが不備であることが発覚!

2016年10月14日 | 政局

嘘吐き政治家はいつかは辞めるしかなくなるのである。台湾国籍を抜いたと蓮舫は公言していたのに、それも嘘だったようだ。蓮舫は戸籍法106条にしたがって適正に手続きをしていると言っていたのに、それも出まかせだったのだろうか。これほど国民を馬鹿にした話はない。一般論として断りながらも、金田勝都法相は「台湾当局が発行した外国国籍喪失届を受理していない」と今日の記者会見で語った▼日本のマスコミはまんまと蓮舫に騙され、全てが終わったかのような報道をしていた。それが否定されたのである。蓮舫に残された選択肢は国籍選択宣言しかない。蓮舫はそれを最初から知っていたはずだ。そこで重要になってくるのは戸籍謄本である。国籍選択宣言をした日付が載っているからだ。昨日あたりの国会の論戦で戸籍謄本が話題になったのは、それが今回の二重国籍問題の核心であるからだろう▼民進党の代表で、公の立場である蓮舫は、国民の前にそれを示すべきである。それを拒否すれば、二重国籍のままではないか、との疑惑が持たれる。公開すれば公開するで、日付が特定され、旅券法や公職選挙法で処罰されかねない。どちらに転んでも絶体絶命なのである。マスコミがかばってくれるからと、高を括っていた蓮舫が愚かなのである。今さら代表を辞任しても、もはや手遅れである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与野党ともに二重国籍者がい... | トップ | 二重国籍で逃げ回る蓮舫が新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。