草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

偏向報道による安倍内閣支持率のダウンは予想の範囲内だ!

2017年06月19日 | マスコミ評

あれだけ連日マスコミに叩かれれば、安倍内閣の支持率に影響が出て当然である。軒並みダウンして不思議ではない。10パーセント位とみられていたが、あくまでも予想の範囲内である▼カール・シュミットは「議会主義と現代の大衆民主主義との対立」のなかで、ウォルター・リップマンの『世論』の文章を引用しながら、情緒的な政治的なプロパガンダに言及していた。正論かどうかよりも、感情に訴えて「多数を獲得しそれによって支配する」のが大衆民主主義なのである▼今回の場合は一時的に守勢に立たされようとも、ネットの力で盛り返すことになるだろう。未だに国民の多くはテレビや新聞の報道しか接しておらず、真実を理解してもらうには、それなりの時間がかかるからだ。とくにネットを利用しない高齢者は、蚊帳の外に置かれがちだ。日本獣医師会から民進党の国会議員三人が、それぞれ100万の政治献金をもらっていたという事実は、まったく知らないはずだ▼この程度ですんだのはネットのおかげである。文科省の前事務次官の前川喜平のいかがわしさが、これから暴露されてくるのである。アパホテルから始まって、森友学園、加計学園にいたるまで、一方的なミスリードをした者たちには、必ず天罰が下るだろう。真実が明らかになると、木っ端微塵に粉砕されるのは、朝日新聞などの偏向マスコミなのである。



にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 独善的官僚の典型である前川... | トップ | 与野党が歩み寄る度量がなけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ評」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。