草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

自民党内の日本派保守に衆議院で質問のチャンスを!

2017年11月12日 | 政局

今の自民党と野党にはそれほどの違いはない。だからこそ「モリカケ」になるのだ。衆議院で自民党の質問時間を増やせば、建設的な議論が繰り広げられることになるだろう。日本の安全保障についても、野党では考えられないような現実的な対案が示されるだろう▼どちらかというと安倍総理はリベラルに属する。開かれた日本を主張している。アメリカ寄りであり、ロシアや中共との友好関係を重視している。まどろっこしいと思っている日本派保守の議員も、自民党にいるはずだ。アメリカ依存で本当に日本を護れるのか。「核武装を選択肢に加えるべきだ」との主張があってもよいのではないか▼いくら安倍総理が戦後レジームからの脱却を叫んでも、できることはせいぜい、憲法に自衛隊を盛り込むことだろう。それから先は日本派保守の出番なのである。グローバリズムに待ったをかける勢力が必ず出てくる。その前段として自民党内の決起に期待したいのである。誰もが保守を名乗る時代になった。本来の保守がどうあるべきかで、安倍総理に食い下がってもらいたいのである▼日本維新の会も希望の党もグローバリズムの政党である。残念ながら日本のこころや日本第一党は少数派にとどまる。まずは自民党の中で声を上げるべきだろう。日本の政治を活性化するには、保守派内部での違いを際立たせるべきなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国の衆愚政治を日本国民は... | トップ | 日本の歴史を取り戻そうとし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。