草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

ミサイルばかりでなく北朝鮮工作員のテロに備えよ!

2017年04月16日 | 安全保障

昨日は長い一日であった。金日成の生誕105年に合わせて、北朝鮮が核実験を強行するとみられていたからである。北朝鮮を甘くみてはならない。アメリカ軍の圧力に対抗する手段はいくらでもあるからだ▼日本国内に潜伏している北朝鮮の工作員は数千人ともいわれている。北朝鮮が去る14日に国外向けのラジオで工作員向けの「乱数表」の放送をした。これは明らかにアメリカ軍への牽制である。北朝鮮は日本や韓国でテロを行う準備ができていることの誇示である▼永井陽之助は『現代と戦略』において、無差別テロの恐るべき力に触れている。「要するに、八名か十名たらずのテロリストなら、新聞も知識人も、身の危険を感ぜずに、『市民の顔に潜めた“悪意”』と非難できる。しかし、これが数百人になり、数千人になったらどうなるか。確実に予測できることだが、日本の新聞、雑誌は、いっせいに沈黙するか、このテロリストを民族解放か革命の戦士としてたたえる文章を掲せるに違いない」▼南ベトナムがそうであった。1960年から63年にかけて年間約二千人近くが暗殺された。それで国がガタガタになったのである。テロ等準備罪は一日も早く国会を通過させなくてはならない。日本人を拉致した組織は現存しており、彼らに協力する日本人を含め、いつテロを行なっても不思議ではないからだ。


にほんブログ村

 ←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

新編 - 現代と戦略 (中公文庫 な 68-1)
 
中央公論新社
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 独裁国家北朝鮮の「盲目的愛... | トップ | 「予想しなかったことがおき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。