草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

安倍支持の改憲勢力が今こそ一大国民運動を展開すべきだ!

2017年06月02日 | 政局

マスコミは安倍首相とトランプを同一視して、どうしても引きずり降ろそうとしている。そして、今の韓国のような惨状にしょうというのだ。それを阻止できるかどうで、今後の日本の行く末が決まるのである▼今のところは安倍首相は絶対的な権力を握っているが、大半の自民党議員は、内閣の支持率が高いから付いているだけである。雲行きが変わると、平気で寝返るのが政治なのである。自民党内の親中派、親韓派の動きからも目を離せない。さらに、ここにきて、官僚内部に巣くっている既得権益を守ろうとする勢力も、露骨な動きをするようになってきた▼自民党ではなく、安倍首相を支持する勢力が結束して、中央突破しなくてはならないのである。日本維新の会の方が安倍首相を援護射撃しており、それが安倍首相を支えているのである。石破、岸田を始めとする派閥は、必ずや安倍首相に牙をむいてくる。それでも憲法改正をやり遂げるためには、改憲を実現するための国民運動が盛り上がらなくてはならない▼日本は大変な岐路にさしかかっているのである。このチャンスを逸してはならない。テレビなどの安倍首相へのネガティブキャンペーンも目に余るものがある。保守は隊列を整えなくてはならない。憲法改正の一点でまとまり、それが喫緊の課題であることを訴えるべきなのである。



にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国会を活性化するには新たな... | トップ | 「安倍を吊るせ」とツィート... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。