草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

戦後日本の偽善的平和主義を痛烈に批判した三島由紀夫!

2016年11月05日 | 思想家

また今年も11月がめぐってきた。三島さんと森田必勝が自刃したのは、私が高校三年生のときであった。一回目の憂国忌が開催された昭和46年11月25日、私も九段会館の会場につめかけた若者の一人であった。千五百人しか収容できないがために、入れなかった人もいたという。発起人には川端康成、小林秀雄、河上徹太郎らの名前があった。日本学生同盟のメンバーらの奔走によって実現したのだった▼三島さんのよき理解者であった林房雄が「私たち日本人は、やがて民族の滅亡につながつ危険で悪質な夢を楽しんでいました。いわゆる『経済大国』『平和憲法』などの愚かな夢であります。あなたの痛烈は一撃は、この悪夢の根源に対して加えられたものであります」と誄詞(るいし)を読み上げたのを、今も昨日のことのように思い出す▼未だに憲法は改正されておらず、三島さんが嘆いていた状況が続いている。「私は日本の戦後の偽善にあきあきしていた。私は決して平和主義を偽善だとは言わないが、日本の平和憲法が左右双方からの政治的口実に使われた結果、日本ほど、平和主義が偽善の代名詞になった国はないと信じている。この国でもっとも危険のない、人に尊敬される生き方は、やや左翼で、平和主義者で、暴力否定論者でることであった」(イギリスの雑誌「クィーン」に執筆した『楯の会のこと』)。かつてない危機が日本に迫っているのに、このままでは憲法改正は遠のいていくだけである。本当にそれでいいのだろうか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国頼みで自衛隊を国軍とし... | トップ | 中共に媚びる蓮舫は大アジア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。