草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

蓮舫よりも稲田防衛相の個人攻撃に終始するマスコミを嗤う!

2016年10月15日 | 政局

稲田朋美防衛大臣を狙い撃ちにしているのがマスコミである。まるで自衛隊に犠牲者が出るのを待ち望んでいるかのようだ。稲田の答弁もどことなく頼りなくて、総理大臣にはまず無理だろうが、今のバッシングはあまりにも異常である。子供のいじめと大差がない▼民進党代表の蓮舫が二重国籍の問題で追い詰められてきた。稲田に矛先を向けることで、何としてでもかばいたいのだろう。南スーダンへの自衛隊の派遣は、民主党政権下で行われた。駆けつけ警護ができないようでは、PKOの任務からして、国際的に評価されるわけがない。罪もない人たちが殺されるのを見ていてよいのだろうか。自衛隊を「人殺し」呼ばわりするような政党の代弁者となっているマスコミは最悪である▼蓮舫の二重国籍の問題が報道されないので、テレビしか見ていない人たちは、終わったと勘違いしているのではないだろうか。情報弱者には通じるかも知れないが、ネットは日を追うごとに「蓮舫辞めろ」の声が高まってきている。公職選挙法違反での逮捕まで取りざたされている。ネットが怒っているのは、蓮舫が戸籍謄本を示さないからである。どうしてそれを伝えないのだろう。いくら何でも酷過ぎる。マスコミが特定アジアに気兼ねしているのに対して、ネットの方がまともである。今のようなマスコミを誰が信用することができよう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二重国籍で逃げ回る蓮舫が新... | トップ | 嘘に嘘を重ねてきた蓮舫は国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。