草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

世界的な極右政党台頭の背景にあるファシズムの思想とは!

2017年04月19日 | 思想家

フランスの大統領選挙の一回目の投票は来る23日に行われる。極右政党国民戦線のマリーヌ・ルペン党首がトップに立つかどうかが注目されている。国民戦線創設者のジャンマリ・ルペンと比べると穏健だといわれるが、「国境を取り戻す」という主張にもとづき、政策的としてEU離脱をめぐる国民投票の実施を掲げており、それが支持するフランス国民が増えてきているのである。5月7日の決戦投票で勝つことは無理にしても、父親の時代の壁であった得票率10パーセントを軽く突破するのは確実である▼ファシズムやナチズムに関して「非合理的な狂気の支配」と断罪すればすむと思っている識者が多い。しかし、そんな生易しいものではないのである。広松渉は「全体主義的イデオロギーの陥穽」において、ハイデッガーやカール・シュミットらの名だたる思想家について「彼らのすべてがナチズムの思想に全面的に賛成したわけではないけれども、ファシズムの思想性が多くの学者たちにとって『思想的に偉大なもの』として了解されたという歴史的事実を覆うことはできない」と書いている▼広松はインテリ層の「思想的自己了解の内在的論理」を問題視するのである。広松が指摘するようにファシズムは「既成の議会制民主主義を真っ向から批判しつつ、しかも経済機構の再編をめぐって一連の“社会主義的”な要求をすら掲げたのであり、政権奪取にいたる過程では“革命的”な大衆行動を下から組織した」ことも忘れるべきではない。今もなお避けて通ることができないのがファシズムの思想なのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

わが闘争(上下・続 3冊合本版) (角川文庫)
 
KADOKAWA / 角川書店
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民にそっぽを向かれた今で... | トップ | 北朝鮮の恫喝を「警告」とぼ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。