草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

北朝鮮の最終手段は一般市民を装った工作員のテロだ!

2018年02月13日 | 安全保障

鼻持ちならぬ三浦瑠麗だが、今度ばかりは勇気ある発言を讃えたい。昨日のフジテレビ系のワイドショーに出演し、いかに金正恩を殺害したとしても、それで北朝鮮が手を挙げるのではなく、一般市民を装った工作員が、一切の連絡を絶ってテロを行うことの危険性を述べていたからだ▼それはソウルばかりではなく、東京や大阪でも警戒すべきだというのだ。アメリカによる先制攻撃で、たとえ北朝鮮本土は壊滅しても、ミサイルを全て破壊しても、日韓に潜伏するテロリストを一網打尽にすることができなければ、戦争がすべきではないというのだ▼このことは私たちが絶えず危惧してきたことであり、そのための情報取集は欠かせないし、国家を外敵から守り抜くには、いかに強権的であっても、国家緊急権による非常事態を宣言すべきなのである。それを整備しないままにしてきたから、三浦の絶望的な結論に達するのである▼この発言に関して、立憲民主党の一部には問題視する議員もいるようだが、それは取りも直さず、自分たちが北朝鮮の傀儡であり、誼を通じているからだろう。三浦はアメリカにブレーキをかけるためにあえて口にしたが、日本が一人前の国家でないことを暴露する結果になった。危機は迫っており、我が国はあらゆる事態を想定しておくべきなのである。

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平昌オリンピックの英米の報... | トップ | 安倍首相が朝日の主なフェイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事