草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

伝えない自由を駆使してかえって差別を煽るマスコミを嗤う!

2016年12月13日 | マスコミ評

隠せば隠すほど韓国や朝鮮の人の肩身が狭くなるのではないか。隠ぺいすることは逆効果なのである。去る11日にJR新今宮駅で女性を線路に突き落とした容疑者は朝鮮籍であった。いつもの通り朝日新聞はそれを伏せている。軽度の知的障害があったことが判明しており、その点も伝えればいいのである▼福島県内の神社やお寺で、ご神体や石像を破壊した韓国人の容疑者が去る10日に逮捕されたが、それをまったく取り上げないマスコミがある。反韓感情を煽ることを恐れているのだろうか。その容疑者の犯行の背景には、宗教的なものがあるとみられている。それを詳しく紹介すればいいのである。日本人は愚かではない。古代からの歴史を振り返っても、海外から学ぶ姿勢を一貫して保持してきた。世界でも珍しい排外主義とは無縁な国民なのである▼国際社会から日本を締め出そうとする韓国のキャンペーンは、あまりにも目に余るものがある。日本国民が怒るのは当然である。火に油を注ぐからとマスコミが伝えない自由を駆使しても、ネットは黙ってはいないのである。事実は事実として報道しないことで、かえってあらぬ疑いをかけられるのである。マスコミが第四の権力と呼ばれ、何もかも自分たちの思い通りにできる時代は終わりつつある。ネットに先を越され、嘲られてそれで本当によいのだろうか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主主義の暴走を許さないの... | トップ | 予想通り「カジノ法案」で腰... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2016-12-13 16:59:42
マスコミは今ネットにヘイトが蔓延っていると
規制を掛けようとしているので心配しております

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。