草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

森友学園騒動をめぐる民進党や共産党の追及も尻すぼみ!

2017年03月06日 | 政局

民進党と共産党の敗北であった。さらに、そこにもう一つマスコミも含めて。今日の参議院予算委員会の質疑で、民進党と共産党は同じ質問に終始し、安倍首相を追い詰めることはできなかった。マスコミの前宣伝がすごかった分だけ、アンチ安倍派はがっかりしたと思う▼そこに北朝鮮によるミサイルの発射である。日本の排他的経済水域に間違いなく3発は着弾したわけだから、国民が神経質になるのはあたりまえである。そんななかでも森友学園を問題視する民進党は、代表の蓮舫まで質問に立ったのに、あえなく安倍首相の返り討ちにあった。マスコミはうまく編集して取り繕ってくれるだろうが、国民の目をごまかすことはできないのである▼安倍首相と森友学園にあたかも深い関係があるかのように印象付けたかったのに、トップバッターである自民党の西田昌司が森友学園への国有地の売却をめぐって、法律的にはまったく瑕疵がないことをわかりやすく解説した。その段階で勝負あったという感じであった。それ以降の質問者がいかに食い下がろうとも、説得力が全くなかった▼ニコニコ動画を見ていたら、森友学園と違って豊中市が公園用地を正当な値段で購入したかのような言い方を質問者がすると、すぐに「二千万」とかの書き込みがあった。国から交付金や補助金を受けており、実際にはその程度の負担であったのだ。フェイクを撒き散らす野党やマスコミは、安倍首相ばかりでなく、ネットにも完膚なきまでに叩きのめされたのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習近平がいかに権限を集中さ... | トップ | 北朝鮮の軍事的挑発は脅しで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。