草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

日本全体を破局に向かわせるのはエリートの独善的体質だ!

2017年06月22日 | 思想家

東大法学部を出て政治家になったにもかかわらず、とんでもない欠陥があった。私立大学を出た安倍首相の方がはるかにまともである。秘書に暴力を振るったり、暴言を吐いたのが自民党の現職代議士ということもあって、豊田真由子のことをマスコミは叩いている。しかし、自分たちだってどっこいどっこいなのである。それなりの学歴があって、現在の地位を得たのではないか。それでいて週刊誌以下である。民進党の有力国会議員にしても、東大や京大出が顔を並べている。それでいてあのざまである▼戦後のエリートの問題点として、小室直樹は日本連合赤軍のことを引き合いに出した。普通の人よりも高等教育を受けた者たちが、なぜに暴走したかを『危機の構造 日本社会の崩壊モデル』で論じたのである。小室は三つの行動原理に要約した。「自分たちこそ自覚せるエリートであり、この点において自覚せざる大多数の国民と根本的に異なる。そして日本(人民)の運命は自分たちの努力にかかっている」「この努力は『特定の行動』の遂行という形でなされる。このためには全身全霊を打ち込むことが要求されるが、このことと関係ないことは一切無視する。これら『その他の事情』は自動的にうまくいき、日本(人民)は安泰となる」「だから『特定の行動』の遂行こそが肝要なのであり、成果は問題されなくてよい」▼エリートの独善性によって日本は破局に向かうことになると小室は予言した。その通りになってきているのではないか。前川喜平にしても、どのような結果が引き起こされるかはどうでもいいのだ。私たち国民が頭でっかちのエリートに期待するのが間違いなのである。



にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットが冷笑していたのに加... | トップ | 喧噪な時代だからこそイデア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思想家」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。