草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

北朝鮮の弾道ミサイルで東アジアは戦争一歩手前だ!

2017年08月10日 | 安全保障

北朝鮮の弾道ミサイルに小型化した核が搭載されていれば、何百万人の日本人の命が失われる。前防衛相の稲田朋美をさらし者にしている暇など、今の日本人にはないのである。南スーダンに派遣された陸自の部隊の日記に「戦闘」の文字が書かれていたかどうかなど、どたいした問題ではない。日本がPKOを派遣する上で「戦闘」地域には出さない、といった建前があった。軍隊として認められていない自衛隊の、そこが悲劇なのである▼そんなくだらないことで、安倍内閣を批判している余裕などないのである。今日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮は中距離弾道弾4発をグアムに向けて発射するのだという。準備は8月末までに完了し、金正恩の命令で発射されるという。そんなことは以前から予想されていた。自分たちのすごさを日本やアメリカに思い知らせ、手出しができないようにするのだ。北朝鮮当局は「島根、広島、高知の各県上空を通過する」とまで公言している▼これで多くの日本人が目を覚ましたのではないだろうか。何をやらかすか見当がつかないのが北朝鮮である。本来であれば、戦争望まない者たちは、北朝鮮に戦争を思いとどまらせるために、デモをすべきではないだろうか。戦争が起きてからでは遅いのである。アメリカも堪忍袋の緒か切れつつある。日本がどのようにコミットするかも議論しておくべきだろう。平和は簡単に壊れてしまうのだから。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和ボケでは北朝鮮の核ミサ... | トップ | 「七生報国」の精神を持たぬ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事