草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

善良な心情が通用しないのが力の極限行使としての戦争だ!

2017年04月06日 | 安全保障

目前に戦争の危機が迫っているのに、相も変わらず国会では森友学園騒動である。マスコミもそればかりを論じている。国防をどのように充実させるか、ミサイル攻撃やテロに対してどう対応をするかの議論は、まったく行われていない。こんなことでいいのだろうか。ことここにいたって防衛費の増額に反対するのは、暴論以外の何物でもない▼戦争の本質について、クラウゼヴィッツは『戦争論』(日本クラウゼヴィッツ学会訳)において明確に述べている。「人道主義の人々は、甚大な損傷も与えずに人為的に敵の武装を解除しうるし、あるいは敵を圧倒することができるとし、これが戦争術の本来の目的であると簡単に考えている。このような主張はいかにも良くみえるが、断じてこの誤りは粉砕されなければならない。何故ならば、戦争のようなきわめて危険な事態では、善良な心情から生じる誤りこそ最悪のものだからである。物理的力を全面的に行使するに際しても、知性の働きは決して失われていないので、この力を容赦なく、しかも流血をいとわず行使する者は、敵がそうしない限り優勢を得るに違いない」▼北朝鮮が仕掛けてくるのか、アメリカが先制攻撃をするかは別にして、東アジアでは一触即発の事態が続いている。日本人が地獄を見るようなことにならないために、できるかぎりのことをしなくてはならない。平和ボケは日本に敵対する国家を利するだけなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一つの時代が終わった平成元... | トップ | 今月中に朝鮮半島有事が勃発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。