草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

トランプの訪日では核のシェアリングを協議すべきだ!

2017年09月13日 | アメリカ

トランプが11月4日から6日を軸に来日する公算が強まっている。北朝鮮や中共の軍事的な脅威に立ち向かうには、アメリカの核を日本に持ち込み、両国でシェアリングするしかない。日本人の生命を守るためには、それしか手段がないからだ。アメリカと日本が共同歩調をとることで、日本は危機を脱することができるのである▼もしそれをアメリカが認めないならば、日本は独自の核武装に踏み出すだけである。もはやアメリカの核の傘を意味がなくなった。ここで対応しなければ、日本は中共や北朝鮮に膝を屈することになるだろう。それをアメリカも望むわけはない。安倍首相とトランプとの会談は歴史的なものとなるだろう。非核三原則以外に、マスコミは核について語ることもタブー視をしている。まずそれを突破して、私たちは安全保障についての現実的な議論を開始すべきだろう▼ここで日本人は一致点を見出さなくてはならない。ドイツやイタリアはアメリカの戦術核を国内に持ち込むことで、ソビエトの恫喝に対抗したのであり、それで戦争が防がれたのである。今の日本には残された時間はほとんどない。北朝鮮に核を放棄する意思がなく、中共が帝国主義的膨張を止めないのは確実であり、戦争を防ぐには日本にアメリカの戦術核を展開するしかない。お花畑が日本を亡ぼすのである。日本もアメリカも決断すべきときなのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍内閣の支持率アップを悔... | トップ | 北朝鮮美人との親密写真を暴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。