草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

安倍首相の攻めの外交によって日本が世界を動かす時代に!

2016年05月25日 | 政局

世界に向かって日本の国家意思を伝える。今までは考えられなかったことである。明日から伊勢で開催される主要国首脳会議では、安倍首相がどのような発言をするかが注目されている。我が国が世界に向かってメッセージを発信するまたとない機会である。EUからの離脱を求める動きが顕在化したり、中共経済の失速は大きな課題となっている▼我が国は金融緩和や為替にばかり依存するのではなく、大胆な財政出動を実施して、世界経済の牽引役を果たすことを明らかにするとともに、ソビエトの崩壊以来、大きな流れとなったグローバリズムのマイナス面も議題にすべきだろう▼安全保障の面では法の支配を無視する中共に対抗して、結束を強化すべきである。戦後70年以上が過ぎて、日本は国際社会の一員として、ようやく認められるようになったのである。開催地の伊勢は日本の聖地である。そこに主要各国の首脳が集まるわけで、日本という国柄を積極的にPRすべきであり、一神教ではない日本の寛容さと和の精神を知ってもらうべきだろう▼様々な価値観から世界は成り立っており、国際化という名のもとに国家を解体することは、混乱しかもたらさないのである。それぞれの国家が国際社会で共存していけるのが理想なのである。今回のサミットは日本の歴史上かつてないほど重要なイベントである。それだけに日本国民の安倍首相への期待が大きいのは当然だろう。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自前の防衛力を整備するしか... | トップ | アメリカに臆せず物が言える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。