草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

人間の悪を冷徹に見据えるのが保守主義のシニズムだ!

2017年01月03日 | 思想家

現在の保守派の文化人に対する違和感はどこからくるのだろう。戦後を代表する保守派の論客の多くは、若いときにアナーキストに親近感を抱いていた。浅羽通明の『アナーキスズムー名著でたどる日本思想入門』では、田中美知太郎、猪木正道、勝田吉太郎を挙げているが、それらのアカデミズムとは別に、葦津珍彦がアナーキストの影響を受けたことはよく知られている▼田中は北風会なるアナーキストの勉強会に顔を出していた。猪木は若き日に帝政ロシア時代の女性テロリストに心酔した。勝田の感動の一書はクロポトキンの『一革命家の思い出』(大杉栄)である。葦津は「私の情感は、バクーニン、クロポトキンのアナーキズムに強くひかれた」(「老兵始末記」)と書いている▼浅羽は保守主義とアナーキズムの一致点を指摘している。「あらゆる権力は自己目的化し腐敗するという知的認識を、自らが仕切る権力だけには適応せず、マルクス主義国家のプロレタリア独裁権力だけは、いずれ死滅すると厚顔にも力説するダブル・スタンダード、欺瞞にして偽善…。あらゆる権力への不信を投げつけるアナーキストと、人間悪を冷徹に見据えて臆しない保守主義のシニズムが、これをいち早く見破ったのである」▼徹底したシニズムがあっての保守主義であり、それがすっぽりと抜け落ちているのは、単なるファッションだからだろう。暗い情念に突き動かされた経験がなければ、本当の保守主義者になるのは無理なのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「二重国籍なんてスパイみた... | トップ | 政治的な狂信者に与しないの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。