草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

日本を救うには乱世にふさわしい保守政党の誕生こそ急務だ!

2016年10月17日 | 政局

もはや自民党は耐用年数を過ぎている。あまりにもだらしがない野党のおかげで、かろうじて助かっているのである。巨大与党といわれているわりには、脆弱である。昨日の新潟県知事選で自民党推薦候補が大敗したのは、自民党が守勢に回ってしまったからだ▼二重国籍問題を追及して、民進党代表の蓮舫を証人喚問に引きずり出すことを考えるべきであった。情けをかけたりすれば、いつか寝首を掻かれるのである。政治においては敵と味方しかない。個人的な感情を無視して、敵は打倒すべき対象なのである。とくに今の日本は重大な危機に直面していることを忘れてはならない▼いかに自民党が政党支持率で断トツであっても、主な野党が連合すれば安閑としてはいられない。攻撃こそ最大の防御である。反日国家の思いのままに操られるマスコミと野党は必死なのであり、反転攻勢の機会をうかがっている▼蓮舫の二重国籍の問題に関しては、多くのマスコミが取り上げるのをためらっている。日本人でない者たちが、マスコミや政界に根を張っており、それを批判する勇気がないのだ。乱世にふさわしい政党が誕生し、日本を救わなくてはならない。最初は少数であっても、国民を覚醒させるにはそれしか方法がないのである。新潟県知事選挙での敗北が教えてくれたのは、自民党頼みの時代は終わったということなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットでは蓮舫辞めろ大合唱... | トップ | 日本を貶めるような言論と闘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。