草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

自前の防衛力を整備するしか日本の選択肢はない!

2016年05月24日 | 安全保障

アメリカでトランプが大統領になる可能性が現実味を増してきた。アメリカに依存していた安全保障面での見直しは、当然のごとく避けられないだろう。トランプが最終的に敗れたとしても、アメリカは変わりつつある。日本が独自の防衛力を整備せざるを得ないだろう。アメリカ軍の駐留費を全額負担するよりも、自前でということが大きな流れになってくるだろう▼トランプが日本の核武装を容認するような発言をしているのは、ある意味では正論である。世界の主だった国々が核武装をしているなかにあって、我が国だけは認められないのは不自然であるからだ。憲法上もそれは容認されているというのが、これまでの政府の見解でもあった。民進党や共産党などは、トランプのことなどは無視して、未だにお花畑に徹している。「平和」を叫べば侵略されないと思っているのだから、あまりにもお目出度い。仮にアメリカ軍が日本から撤退するようなことがあれば、中共が尖閣諸島に上陸するのは明らかだ▼自国の防衛を他国に委ねれば、その見返りを求められる。戦後の日米関係がそれを教えてくれる。最終的にはアメリカの言うなりになるしかなかったのである。それを改めるためにも、禍を転じて福となさなくてはならない。我国が核武装するのはそれほど難しいことではない。中共や北朝鮮の核の恫喝に対して、アメリカが防衛してくれないのであれば、日本人が重大な決意をする以外にないのである。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高給取りで勝ち組のマスコミ... | トップ | 安倍首相の攻めの外交によっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。