草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

国籍を問題にする日本国民を蓮舫が差別主義者扱い!

2017年07月13日 | 政局

蓮舫はあまりにも愚かである。二重国籍の批判に耐えられず、一時は戸籍謄本を出そうと思ったのだろう。野党には甘いマスコミのせいもあって、それで終わった可能性がある。しかし、蓮舫は判断を誤った。一握りの極左にそそのかされて居直ったのである。国籍を問題にする日本国民を、差別排外主義者とまで決めつけたのである▼今日の記者会見には、用心棒のようなわけのわからない者を司会に押し立てて、恫喝で逃げ切ろうとした。いくらテレビでは報道しなくても、ネットでは次々と拡散されている。蓮舫は最後のチャンスを逃したのである▼今の日本人のなかに芽生えつつあるのは、強烈なナショナリズムである。東アジアの隣国である中共、韓国、北朝鮮などのバッシングを受けて、日本人は堪忍袋の緒が切れつつある。そんなときに蓮舫の今回の発言は、多くの日本人を怒らせるだけである。潔く認めて頭を下げればすんだのに、上から目線で逆ギレするのを、日本人はもっとも嫌うのだから。



にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫の戸籍謄本の公表に反対... | トップ | 民主活動家劉暁波氏の死は牢... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。