草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

北朝鮮の恫喝を「警告」とぼかすテレビ報道を嗤う!

2017年04月19日 | マスコミ評

朝からテレビは偏向報道ばかりである。TBSなどは北朝鮮が日本を名指して恫喝していることに関して、わざわざ「警告」という言葉を使ってぼかしている。北朝鮮の核やミサイルの脅威に対しては、同盟国アメリカと一緒になって力で対抗するしかない。それを批判して話し合いを主張するのは、北朝鮮に気兼ねしているからである▼自民党の中川俊直政務官の辞任劇を大事件のように取り上げているのも、平和ボケではないだろうか。不倫が週刊誌の記事になり、その責任を取らされたのだろう。大臣や政府関係者の「暴言」なるものの並べ立て、自民党が慢心していると言いたいのだろう。あまりにも見え透いている。自民党の国会議員のなかにも、陣笠としてしか通用しない者たちが多い。まともな野党がいないことが問題なのである。その点こそ掘り下げるべきだろう▼どこのテレビのニュースを見ても、ありきたりの言説を振りまいている。ネットで馬鹿にされるレベルであり、物事の本質を突いた議論が行われていない。コメンテーターが平和ボケした発言をして、ネットで集中砲火を浴びている。大衆の方が安全保障上の危機を痛感しており、色々な情報を収集しているのである。これまでテレビを始めとするマスコミは、平和憲法がある限り、日本が攻撃されることをない、とまで明言してきた。まずはそれを自己批判すべきだろう。日本は最悪の事態を想定しなくてはならない、大変な危機的状況にあるわけだから。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

空母いぶき コミック 1-4巻セット
 
小学館
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界的な極右政党台頭の背景... | トップ | 北朝鮮の脅威に立ち向かうに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。