草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

安倍トランプ会談の成果は日米同盟が強化されたことだ!

2017年02月12日 | 国際問題

グローバリズムの盟主であったアメリカが、その過ちに気づき日本とともに歩むもうとしている。日本とアメリカが中心になって新たな国際秩序を形成すべきなのである。野党やマスコミの多くが危惧していたことは、アメリカが無理難題を押し付けてくるということであった▼今回はそうではなかった。日米首脳会談で安倍首相はトランプ大統領に「日本は高い技術力で大統領の成長戦略に貢献し、米国に新しい雇用を生み出すことができる」と明言した。日本が主導権を取って、経済の分野で協力することを約束したのである。これに対してアメリカは、日米安保条約が尖閣諸島に適用されることを明確に言い切った。日本の差し迫った危機は、中共による侵略である。それを阻止するために、アメリカ軍のプレゼンスは欠かせない。これでようやく平和を維持できる抑止力が強化されたのである▼戦後の日本外交は、アメリカの言いなりになるしかなかった。安倍首相の努力もあって、日本とアメリカは対等な関係に近づいたのである。トランプ大統領に自由貿易の意義を説いた安倍首相は立派であった。海洋国家である日本とアメリカは利害が共通している。世界は一つに向かっているにしても、最終的なゴールにはほど遠い。様々な調整が必要であり、日本とアメリカがリーダーシップを発揮すべき時代を迎えたのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェイクニュースを垂れ流す... | トップ | 移民に依存する国づくりにリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。