草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

安倍トランプ会談を酷評する民進党の外交センスを嗤う!

2016年11月20日 | 政局

次期大統領に就任するトランプと安倍首相が去る17日に会談したことに対して、民進党からは批判や揶揄する意見が相次いでいる。超大国アメリカの指導者に就任する人間と、個人的な関係を築いておくことは大切であるのに、それに難癖を付けるのだから、どうかしている。幹事長の野田佳彦は、在任中のオバマ大統領に失礼だとか、「一時間ちょっとでは信頼関係が築けない」とか言いたい放題である。代表代行の安住淳は「朝貢外交」とまで述べている▼トランプの登場は、アメリカの多くの国民の意思を代弁している。高坂正堯は『日本存亡のとき』のなかで、アメリカの民主主義の特徴として、トックビルが指摘した「隣国を持っていない」との言葉を引用しながら、アメリカ人のなかには孤立主義があることを指摘していた。だからこそ、アメリカが世界にかかわるにあたっては「民主主義にとって安全にするため」とか、それなりの大義名分を必要としたのだという▼第二次大戦後と第一次世界大戦の短期間は別にして、それ以外は孤立主義に徹してきたのがアメリカである。トランプが孤立主義に本当に復帰するのか、これまでのように世界にコミットするのか、同盟国として、日本は助言をする立場にある。外野席で騒ぐだけの民進党には、その辺のことがまったく理解できないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大豪邸に住んでいるセレブな... | トップ | マスコミの敗北と常識に支え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。