草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

冷酷な政治を無視し言葉狩りに血眼になるマスコミや野党を嗤う!

2016年10月19日 | 政局

政治をきれいごとで語るべきではない。TPP承認案・関連法案をめぐって、山本農林水産大臣の発言がセンセーショナルに取り上げ方をされている。昨日の夜出席した佐藤勉衆議院議運運営委員長のパーテイで「強行採決をするかどうかは佐藤さんが決めると内心思っている」と発言したことで、マスコミや野党は大騒ぎなのである▼自民党を始めとする与党が絶対多数を持っており、粛々と審議を進めながら、最終的には多数決で物事を決めるのが民主主義である。あまりにも民進党などの抵抗が強いので、今後のスケジュールについて話をしたかったのだろう。早速、自民党の二階幹事長は公明党の井上幹事長と会談して、政府に抗議する考えを表明した。そこまで与党が弱気になるのは、政治のイロハを知らないからである▼マックス・ヴエーバーの『職業としての政治』(脇圭平訳)における国家の定義を、私たちは思い起こすべきだろう。「国家とは、ある一定の領域の内部で―この『領域』という点が特徴的なのだが―正当な物理的暴力行使の独占を(実効的に)要求する人間共同体である」。暴力を独占する国家を運営するにあたっては、いうまでもなく覚悟が求められる。「要するに権力の分け前にあずかり、権力の配分関係に影響を及ぼそうとする努力」するのが政治なのであり、目的のためには悪魔とも手を結ぶ。道徳を振りかざして言葉狩りをしてすむ問題ではないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫を甘やかして国民に真実... | トップ | 沖縄の高江で警備にあたる機... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。