草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

民主活動家劉暁波氏の死は牢獄国家中共による虐殺だ!

2017年07月14日 | 祖国日本を救う運動

今なお東アジアには牢獄国家が存在する。中共や北朝鮮であり。その二つの国家では自由を奪われた民衆が全体主義の鉄鎖のもとにあるのだ。そして、韓国はその影響下にある。民主活動家として中共で獄中にあった劉暁波氏が昨日死去した。2008年に「08憲章」を起草した劉氏は、末期の肝臓ガンであったにもかかわらず、まともな治療を施されることなくこの世を去った。共産党による一党独裁を批判しただけで「国家政権転覆扇動罪」に問われたのである▼なぜ私たちが安倍内閣を支持し、あえて憲法改正に取り組まなければならないか、それは自由と民主主義の日本を守り抜くためである。日本人のなかにも牢獄国家の手先となって、政治的なプロパガンダを振りかざす者たちがいる。安倍首相を誹謗中傷するのは、日本の政治を混乱させ、それによって牢獄国家の従属下に置こうとしているのである▼差し迫った危機は北朝鮮のミサイルや核だけではない。中共は尖閣諸島ばかりではなく、沖縄や九州まで侵略しようとしている。安倍首相を独裁者としてこきおろし、日本の言論が制限されているかのような主張は、事実を直視しない嫌がらせに過ぎない。牢獄国家は自らの体制を維持せんがために、日本を悪者にして戦争の準備を進めている。劉氏が私たちに教えてくれるのは、香港や台湾の若者と同じように、牢獄国家に屈服することがない勇気なのである。



にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国籍を問題にする日本国民を... | トップ | マスコミのフェイクニュース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。