草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

テロ等準備罪に反対する能天気野田佳彦を嗤う!

2017年05月15日 | 政局

今の日本はかろうじて安全かも知れないが、これからはそうはいかない。テロへの備えが必要なのは明らかである。かつて総理大臣であったにもかかわらず、まったく危機意識がないのが、民進党幹事長の野田佳彦である。去る13日の東京都内の街頭演説で「日本はそんなに安全に不安のある国だったのか」と疑問を呈し、テロ等準備罪に反対することを訴えたからだ▼民進党の多くはその程度の認識なのである。国際化が進み、世界中の国々の人が日本にやってくる。テロリスト対策を怠れば、被害者になるのは日本国民なのである。国家として身構えることをしなければ、国民はとんでもない目に遭うのである▼テロ等準備罪は、テロが発生する前に取り締まろうというもので、国際的には常識になっている。しかも、テロ等準備罪では、具体的な計画だけでは罪にはならず、実行の準備行為の段階から取り締まりの対象になるのである。反対のための反対をする民進党や共産党などは、その辺のことも分からず「監視社会になる」とか「一般人が処罰される」とかのデマを流している▼とくに東アジアは戦争一歩手前であり、日本には中共や北朝鮮の工作員がうじゃうじゃいる。日本の神社やお寺に油のようなものが撒かれているのも、テロの予行演習との見方もある。気を抜くべきではないのに、能天気な発言をする野田は、国民の命がどうなっても関係がないのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮のミサイルの脅威に対... | トップ | 安倍首相を支えているのは自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。