草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

北朝鮮による核攻撃を未然に防がなければ日本は最悪の事態に!

2017年04月29日 | 安全保障

昨日行われた国連の安保理閣僚級会合で、ティラーソン米国務長官は「北朝鮮による日本の韓国への核攻撃の脅威は現実のものだ」と述べたという。産経新聞が伝えたもので、産経以外のマスコミは大きく報道していないが、日本人の生存が脅かされる事態になっているのだ▼米国がタイミングをみて先制攻撃をしなければ、広島、長崎の悲劇を繰り返されるだろう。圧力をかけても核兵器やミサイルを放棄しないのであれば、実力を行使するのは当然である。北朝鮮の反撃を恐れる意見があるが、犠牲者を最小限にとどめなくてはならない。戦わずして屈服させるのがベストであるが、悠長なことを言ってはいられないのである▼朝日新聞流の「一発だったら間違いかもしれない」との平和ボケは、日本人の命をどう考えているのだろう。核攻撃の脅威が迫っているにもかかわらず、それに目をそむけようとする者たちは、現実を直視する勇気がないのである。北朝鮮がまともな国だと思っているのだろうか▼今日の北朝鮮のミサイルの発射にともなって、地下鉄や新幹線がストップした。これに言いがかりをつけるのは、本末転倒もはなはだしい。危機を煽っているわけではなく、いつ攻撃されるか分からないから、万全を期すための処置なのである。日本の平和を守り抜くためには、血を流す覚悟が必要があり、それが今私たち日本人に求められているのである。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠池泰典と小林よしのりは人... | トップ | 北朝鮮に核を放棄させるため... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事