草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

川崎市の「ヘイトスピーチ事前規制」は大問題だ!

2017年11月15日 | 政局

「ヘイトスピーチ」と騒ぎ立てることで、表現の自由を奪ってしまってよいのだろうか。川崎市が策定した「ヘイトスピーチ事前規制ガイドライン」では、学識経験者や弁護士などわずか3人で構成される第三者機関の裁量によって、該当する団体の発言や集会の場を奪うことができるからだ▼いかなる立場の人であろうとも、表現の自由を認めなくてはならない。日本国憲法の第21条一項には「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保証する」と書かれているのであって、何人も犯すことはできない権利なのである▼様々な意見を出し合い、そこでの討論と説得を通じて、物事は進められていくのが民主主義である。最初からレッテル貼りをして排除してしまうのであれば、その根本が崩れることになる。革命による体制転覆を掲げる共産党すらも許容するのが、日本の民主主義なのである▼「ヘイトスピーチ」に対しては、現状の法律においても罰することができる。しかも、川崎市の考え方は、韓国や朝鮮、さらには在日の人たちが差別されているとの前提に立っている。無法者国家の北朝鮮や、徹底的に日本を貶めている韓国を批判することも、「ヘイトスピーチ」と決めつけている。自由に物が言えなくなって本当によいのだろうか。川崎市のそのガイドラインは、日本国憲法の精神からしても違法であり、断じて容認するわけにはいかない。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇が革新の原理になりうる... | トップ | 玉木雄一郎や朝日を名指しし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政局」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。