草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

東アジアの危機に備えて日米の役割分担の議論を深めるべきだ!

2017年05月17日 | 安全保障

現在の危機に対処するのに、どのような選択肢が日本にあるかとなると、それは限られている。日米の同盟関係を強化することが最優先されなければならず、朝鮮半島情勢を見据えて、日本海で米国の航空母艦と一緒に自衛艦が行動するようになったのは、安倍内閣の政策上の成果である。さらに、中共や北朝鮮に脅威に対抗するためには、日本が独自の防衛力を強化するのは、抑止力を向上させるために、急いで取り組まなくてはならないことだ▼ここで気をつけなくてはならないのは、米国への依存関係を否定するような動きをすれば、日米同盟をそこなう恐れがあることだ。戦争と平和の問題を一国が自由に選択するのは、いかなる国であっても困難になってきている。とくに、海洋国家である日本は、米国と利害が一致する点が多い。自分たちの覇権を拡大しようとしている中共に対抗するには、一国ではもはや手に負えず、日本が核を保有するかどうかをめぐっても、あくまでも米国の賛同を得た上でなくてはならない▼米国の長期的な安全保障の戦略からも、もはや東アジアからの陸上兵力の撤退は既定事実である、日本を取り巻く環境は急速に変わりつつあるのだ。日本の手足を縛っておくことは、米国とってのメリットはない。このタイミングに日米の役割の分担に関して、議論を徹底的に深めるべきだろう。それが日米同盟の強化にもつながるのだから。


にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相を支えているのは自... | トップ | 反日独裁国家の奴隷になるこ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。