草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

マス・メディアの権威がまたもや失墜した森友学園騒動!

2017年03月30日 | マスコミ評

森友学園騒動から私たちが学んだことは、マス・メディアは信用がならないということではないか。佐伯啓志が『現代民主主義の病理』において「メディア描き出す世界イメージ、提供する事実は、常にある限定されたものであると考えなければならない。マス・メディアは重要ではあるが、その役割を過大評価してはならない」と書いている通りなのである。それでも新聞やテレビしか見ない六十代以上の層は、疑いをさしはさむことなく、思いのままに操られてしまうのである▼反安倍キャンペーンを繰り広げてきたマス・メディアに勢いがなくなったのは、民進党の主張を鵜呑みにしたからである。ファクトではなく、思い込みで騒ぎ立てたからである。しかし、その根拠は徐々に崩れつつある。国有地の払い下げをめぐっての政治家の関与はほぼ否定された。100万の寄付にしても、籠池理事長の偽証だったことが立件されつつある。大阪地検が本格的に捜査に乗り出せば、その全貌が明らかになるはずだ▼そこに追い打ちをかけるように、民進党の辻元清美衆議院議員の疑惑が表沙汰になってきた。批判の急先鋒であった彼女が今回の騒ぎを仕掛けたのではないか、とネットを中心に話題になっている。ようやく産経新聞も論じ始めたが、まさしく「事実は小説より奇なり」なのであり、マス・メディアの一方的な報道を信じてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園騒動で反日国家に加... | トップ | 韓国の常軌を逸した衆愚政治... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。