草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

籠池森友学園理事長の応援団になり下がった民進党を嗤う!

2017年03月23日 | 政局

森友学園の籠池理事長はババであった。自民党がさっさと見切りをつけたのに、わざわざ民進党などがババを引いたのは理解できない。のこのこ大阪まで出かけ行って、籠池理事長から情報をもらって安倍首相の足を引っ張ろうと思ったらば、応援団に成り下がってしまったのである。近づかなければ安倍内閣や自民党の致命傷になっただろう。あまりにも愚かである▼今日の午前中は参議院で、午後は衆議院で籠池理事長の証人喚問が行われたが、国民が釘付けになったのは自民党や公明党の質問者とのやり取りであった。民進党などは籠池理事長に気をつかい過ぎで、森友学園の疑惑に関しては、ほとんど追及することができなかった。立場が逆転してしまったのである。安倍首相が昭恵婦人を通して100万を寄付したという問題にしても、証拠の振込用紙が捏造であった可能性が強く、逆に安倍首相の名前を使って寄付集めをしていたことが発覚した▼民進党などは攻め方を間違ってしまったのである。法律を無視するとか、嘘を平気で吐くとか、財務内容がでたらめであるとかを、徹底的に攻めるべきであったのだ。民進党のオンゴールである。自民党をまともや助けたのである。マスコミの口車に乗せられた結果がこのざまである。民進党は消滅する以外にないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「狂気を街頭に溢れ出すことを」増長するマスコミ報道を嗤う!

2017年03月23日 | 思想家

日本のマスコミは世間を騒がせたいだけである。森友学園騒動もその一つでしかない。マスコミが自分たちの拠り所を見失っており、冷静な判断ができなくなって、わけもなく囃し立てているのである▼山口昌男は狂気がどんな人の心にも眠っていることを解明した。山口は『人類学的思考』のなかで「狂気の中に世界を見なおす、自らの生を生き直しつつ蘇る術を、人間はかつて、現在より遥かに豊かに身につけていた」と述べるとともに、宗教、政治、美術などのあらゆる面で「知識の組み合わせとしての様式の固定化が、人間の創造性と相容れなくなったとき人は常に、かつてそのような区別を認めなかった状態のあった事を想い出し、そのような地点への飛翔を試みた」と書いた▼文化人類学者の山口は「狂気」を否定したわけではない。「人を解放し、意味を喪失した世界を統合する力を与えてくる」からだ。しかし、それには一定の条件が欠かせない。「真に創造的な狂気な様式との緊張関係」が前提なのである。それなくしての「狂気を街頭に溢れ出すことを許した劇場」は何物をも生み出さないばかりか、深刻な危機を日本にもたらすことになるのである▼今日は森友学園の籠池理事長の証人喚問が予定されているが、テレビや新聞は常軌を逸した報道をして「狂気を街頭に溢れ出すことを」目論むのではないだろうか。日本のマスコミは混乱させたいだけなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「おのずから成り行く勢い」として日本回帰が大きな流れに!

2017年03月22日 | 日本主義の哲学

日本の戦後民主主義は虚妄でしかなかった。それを是正しようとする動きが出てくるのは当然の成り行きであり、遅きに逸した感すらある。丸山眞男が『歴史意識の「古層」』で論じていた「おのずから成り行く勢い」としての「持続低音」が顕在化しつつあるのではないか。今こそ日本に回帰すべきであり、守るべき日本の国柄を再確認するときなのである▼進歩派であった丸山が、あえて日本の「古層」にこだわったのは、欧米の学問を根付かせようとして果たせなかった、インテリの宿命を痛感したからではないだろうか。あらゆる思想が受容されても、日本ではそれが土着することがなく、あくまでもフアッションに過ぎないのである▼そして思想とはもっと別な力が働くのである。それが「持続低音」なのである。戦後の民主主義のお花畑が通用しなくなっているのを、多くの日本人が認識するようになってきた。中共や北朝鮮が信義を重んじる平和国家でないことは、周知の事実となったからである▼もはや無防備でいることは、座して死を待つことであるのを、多くの国民が理解するようになってきた。核ミサイルなどによる攻撃の前に、敵地攻撃を容認しようとする意見が主流になりつつあるのは、一つの大きな流れなのである。使い古された意味もない理念は捨て去るべきだろう。失われた日本を取り戻すことなくしては、危機に対処することはできないからである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

籠池理事長と違ってバランス感覚があるのが本当の保守だ!

2017年03月21日 | 思想家

森友学園騒動でお粗末であったのは、籠池理事長に保守派が翻弄されたということである。失われた日本を復活する教育の手本として応援したのに、最終的には裏切られたのである。「大げさな言葉を吐く者は信用がならない」という鉄則を忘れたからだろう。▼エリック・ホッファーは『魂の錬金術』(中本義彦訳)において「実りある成果をあげたければ、熱情を薬味として限定的に使うことだ」と書いている。国を愛することは大事だとしても、それは声高に語るべきではなく「せいぜい伴奏か、付属品にとどめるべきである」というのだ。「安倍名誉小学校」などと口走ることの異常さに、もっと早く気づくべきであった。追い詰められると態度を一変させ、安倍首相を恨むようになったのは、愛国心教育が方便でしかなかったからだろう。そうでなければ、国家を否定するような民進党や共産党に助けを求めたりはしないからである▼籠池理事長は熱情家であるのは確かだが、本当の保守ではない。ホッファーは「激しい情熱の持ち主は、たいてい思いやりに欠ける人である。他人を思いやる気持ちは、精神の均衡が生み出す静寂の中だけで聞こえる。『小さい低い声』である」(『同』)とも断言している。保守派はコモンセンスやバランス感覚が大事なのであり、耳を澄まさなければ聞こえてこない、日本人の地声に立脚するのである。大声で天下国家を論じるのとは無縁なのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マスコミの印象操作の影響が電話での世論調査の数字に!

2017年03月20日 | マスコミ評

今月の時事通信社と日本テレビの世論調査の結果が異なっているのは、面接か電話かの違いがあるからだろう。固定電話にかける日本テレビのやり方だと、回答するのは高齢者ばかりになってしまう。注目すべきは民進党の政党支持率である。時事通信社では4・1パーセントであるのに、日本テレビでは12・3%である。民進党の支持者は高齢者が多いからだろう▼もともとの自民党の支持率は35%前後とみられている。そこに無党派の数字が加わって内閣支持率となるのである。安倍首相の外交が評価されたこれまでが高過ぎたのであり、もとに戻っただけである。いつの世も内閣支持率は山あり谷ありなのである▼早い段階で財務省関係者の参考人招致をしていれば、森友学園騒動はここまでこじれることはなかった。それを拒否したことで、かえって誤解を生むことになったのである。マスコミの印象操作の影響力も限られていただろう。政治家の関与がなかったことを明らかにすればよいのであって、それほど難しくはなかったはずだ。森友学園の籠池理事長の証人喚問以前にそれが実現していれば、国民も納得しただろう▼国民は安倍内閣と自民党を見捨ててはいない。きちんとした説明をしてもらえればいいのである。世論調査に一喜一憂する必要はないが、ちょっとしたささいな問題であっても、見くびるべきではないのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

               ←応援のクリックをお願いいたします。

 

 

政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加