草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

安倍首相の不安材料は官僚と経済政策と外国人労働者だ!

2018年02月21日 | 政局

当面は安倍首相頼みの政治が続くしかないが、危惧されるのは官僚の動きである。いかに長期政権になろうと、それ以上に官僚組織の結束は強いのである。「モリカケ」にしても、現在まで引きずっているのは、財務省や文科省が安倍首相をかばった振りをしながら、自分たちのしくじりを隠蔽しようとしたからではないか。それだけに今後の成り行き次第では、安倍首相が追い詰められる可能性があり、まだまだ気を緩めることはできない▼経済政策も曲がり角にきている。金融緩和によって我が国の雇用が改善し、株高によって企業の業績も上向いてきている。課題は個人消費が伸びないことである。安倍内閣は次の手を打てるかどうかで、今後の命運が分かれるのではないだろうか。さらに、安倍首相は外国人労働者の活用を掲げているが、安易にその政策を押し出すことには、安倍内閣の支持基盤である保守派から反発を招くことは必至である。人口減少による労働力不足対策として、それが本当に的を射ているかどうかは、それこそ見解が分かれるところだ▼官僚の反乱や経済政策の行き詰まり、保守派の反対を押し切ってのグローバル化、どれをとってみても前途多難である。残念ながら安倍首相以外には、国の舵取りを任せるにたる政治家は見当たらず、これからも茨の道を進むしかないのである。

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

護憲叫ぶ一部の声を大々的に取りあげる朝日を嗤う!

2018年02月20日 | マスコミ評

安倍首相が去る18日に代々木公園をジョキングしていたら、「憲法を改正しないでください」と声をかけられた。待ってましたとばかり、朝日新聞が記事にしたが、それはあくまでも国民の一部の声でしかない。わざわざ取り上げることで、国民の世論であるかのような印象操作をしたいのである▼自分たちの主張をストレートに出さない、そうした書き方が新聞の常套手段である。もはや多くの日本国民は騙されないのである。私たちは戦争を望んでいるわけではない。戦争を阻止するがために、国家として身構えるべきなのである。それにはまず、我が国が国際社会に明確な意思表示をしなくてはならない。憲法改正とは、まさしくそのことなのである▼護憲を叫ぶ人たちには、多くの嘘がある。実際は憲法全体を守るではなく、あくまでも憲法9条の死守なのである。自衛隊についても混乱している。共産党ですら、当面は認めると言っている。それでいて「自衛隊は憲法違反」との立場は変えないのである。容認するのであれば、立憲主義の原則からして憲法改正に取り組むべきである▼戦後の長きにわたる歪んだ言論空間から脱却しなくては、今日本が直面している危機を乗り切るのは難しい。声をかけたのはどこの誰だか知らないが、安倍首相が無視したのは正しい。反日国家に媚びた嫌がらせなどに、いちいち反論しているときではないのだから。

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

習近平や金正恩に尻尾を振るのはリベラルにあらず!

2018年02月19日 | 思想家

日本のリベラルが真のリベラルでないのは、自らのイデオロギーを信奉しているからである。それはまさに信仰に近い。カール・ポッパーが指摘しているように、どんな理論であろうとも、反証可能性がなくては科学ではないのであり、それに耐えられないものはイデオロギーなのである▼中共や北朝鮮を持ち上げてきた者たちは、とっくの昔に立場がなくなっているはずだ。一時は地上の楽園のごとく讃えていたのではなかったか。あろうことか「共産主義国家は平和を希求している」とまで述べていた。中ソの国境をめぐる軍事衝突や中越戦争によって、その幻想が完膚なきまでに打ち砕かれた。何度も何度も冷水を浴びせられれば、普通なら目覚める。それでも特定のイデオロギーから抜け出せないのが、彼らの特徴である▼彼らとて変化がなかったわけではない。共産主義を表に出すと支持を得られなくなるというので、目先を変える意味で逃げ込んだのが環境保全とマイノリティへのこだわりだ。2011年の東京電力福島第一原発の事故もあって、反転攻勢に出ると思われたが、それほどでもなかった。バックに中共や北朝鮮が控えていることを、多くの日本国民が勘付いたからだ。リベラルの旗のもとに結集しようとするのなら、独裁者の習近平や金正恩に尻尾を振るような真似だけはすべきではないのである。

 

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人に勇気を与えてくれた羽生弓弦選手の金メダル!

2018年02月18日 | 世相

今回のオリンピックでの羽生弓弦選手の金メダルほど清々しいものはなかった。表彰台に立っての国旗掲揚では、誰にも臆することなく君が代を歌った。戦後70年以上が経過して、ようやく日本人であることを取り戻しつつあるのだ。氷上で手にした日の丸もひときわ美しく見えた▼安倍首相も早速、羽生選手に電話をいれ「いろんな困難を乗り越えて多くの人たちに勇気を与えたと思いますよ」と祝福した。中共や韓国などの反日国家と、それに手を貸す日本国内の勢力は、日本人であることが、あたかも悪であるかのようなプロパガンダを流している。そうしたなかでの快挙であり、後世にまで語り伝えられることになるだろう▼羽生選手の世代にとっては、敗戦という日本にとって未曽有の体験や、その後の混乱は歴史上の出来事でしかないだろう。それがかえってよいのである。東京裁判史観の一方的な断罪によって、日本は戦犯として裁かれた。しかし、それが誤りであったことは、誰の目にも明白である▼かつての日本の若者は、祖国の危機に際して潔く国の御楯となった。その澄んだ目と精神が羽生選手には息づいている。言語の面でも肉体的にも、日本人であることの宿命を背負って私たちは生きている。それを引き受けて堂々とプレイをして栄冠を得たのである。卑屈になる必要はないと私たちに教えてくれたのが、羽生選手なのである。

 

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネーションの本源は「祭祀国家」だと主張した三島由紀夫!

2018年02月17日 | マスコミ評

朝日新聞は昨日の社説「天皇即位儀式」で、またもや反日的な言辞を弄した。一応は「憲法に整合し、皇室の伝統に即したものにするとの方針に異論はない」と述べつつも、性懲りもなく「神話に由来し宗教的色彩の濃い剣璽承継が、なぜ国事行為なのか」と日本の国柄を否定したからだ▼昭和45年1月1日付の日本読書新聞で、三島由紀夫は「尚武の心と憤怒の抒情」をテーマに村上一郎と対談した。そこで三島は「ネーションというものは祭祀的な国家というのが本源にあって、これは管理機能或いは統治機構と全然関係がないものだ。ここにネーションというものの根拠を求めなければ、私は将来守ることができないのだという考えを持っている」と主張した。三島にとっては「ラショナルな機能を統治国家が代表して、イラッショナルな機能はこの祭祀国家が代表する」というのがベストなのであり、まさしく天皇とは「祭祀国家の大神官」にほかならない。これに対して、朝日新聞はラショナルな国家しか認めないのである▼三島の「祭祀国家」としての文化的な面を包摂することは現憲法下でも容認されている。尾高朝雄は『法哲学』で「国民の総意をもって統治も基準としつつ、君主をもって国民共同体としての国家の統合性の象徴とすることは可能であり、君主制の伝統を有する国家の国家の特殊性をば、民主主義という普遍的な政治原理の中に生かしていくゆえんともなるからである」と書いており、朝日新聞とは真っ向から対立する。日本を守り抜くというのは、そうした誤った言説に言論戦を挑むことなのである。

 

 

にほんブログ村

←応援のクリックをお願いいたします。

政治 ブログランキングへ

 

白虎隊探究 世紀を超える精神風土 会津教学と藤樹学への招待
 
ラピュータ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加